インターナショナル・デー 2008.05.31

今日は娘の通う学校のイベントがあり行って来ました。テーマは 「インターナショナル・デー」 学校に通う世界中の国の人たちが、夫々の国の料理などを振舞って、その売り上げを恵まれないアフリカの国に寄付をするというイベントです。アメリカ、ヨーロッパ諸国、アフリカ、もちろん日本など18カ国の国々からの参加があり賑わっていました。
e0107616_5185764.jpg

カミサン達も手毬寿司、から揚げ、焼ソバなどを作って持って行き、娘達は浴衣に着替えて日本の家庭料理を販売していました。欧米の人達からは人気があったようです。
e0107616_5254724.jpg

私は普段味わえない、ルーマニアやロシアのワイン、イスラエルやスペイン、南アフリカ等の民族料理(名前は聞いても直ぐに忘れてしまいます)など初めて味わいました。
e0107616_5314226.jpg

これはスペインのパスタ料理ですが、食べた事の無い味で美味しかったです。ここでは何処の国の人とも英語で話が出来るので、料理の事や国の事など聞き勉強になりました。
e0107616_532396.jpg

娘は学校を変わったばかりの時、授業や宿題について行けずに泣きべそをかいていましたが、今では学校にも馴染んで、友達とも英語で普通に会話が出来ていて安心しました。

イベントに参加し、色々な国の食べ物や飲み物を味わい、娘の友達に会ったりすると、今更ながら海外で暮らしているんだなと実感します。またニュースで見る紛争のある国などもあますが、みんなの笑顔を見るとどの国も平和であって欲しいと思います。
by samu222_arphard | 2008-06-01 14:06 | オランダの生活
<< 夜のサイクリング 2008.0... 千葉ロッテマリーンズ 2008... >>