難しい地名の発音 2007.01.11

最近街で使うような英語に少し自身が持てている所ですが、この自身を挫くのがオランダの地名です。L と R は言うまでも無く、オランダ語の発音は特に、G 〔へー〕, W 〔フェー〕,、V 〔ウェー〕が英語とは異なり苦戦しています。途中まで順調に行っている会話も、この地名を僕が行った途端???どこそれ?フリーズしてしまう事もしばしば。

例えば、先日 Hilversum と言う場所まで切符を買うのに、駅の人に4回も同じ事を言わなければならない始末。最後は駅員も、私も後ろの人も苦笑してしまいました。地名は英訳できないし、厄介な地名が多すぎます。Hilversum (ヒルフェルサム)は序の口ですが、例えばこんなの
Groningen, 'S-Hertgenbosch, Gouda, Nijmegen, Zwolle, Scheveningen…
カタカナで書くのは難しいですが、フローニンゲン、デンボッシュ、ハウダ、ナイメーヘン、ズヴォレ、スヘーヘニンゲンてな感じです。

だいたいの地名は自己流で適当に呼んでいますが、会社のオランダ人に地図を見せて発音して見せると全く為ってなく、トホホです。紙に書いて見せればもちろん判ってくれますが、何とかカッコ良く言葉で伝えたい所です。現在オランダ人の同僚から特訓中。

これとは少し違いますが、ヨーロッパの地名で英語で日本人として困ってしまう場所が、
Vienna〔ヴィエナ〕(ウィーン)、Athens〔アスンズ〕(アテネ)、Warsaw 〔ウォーソー〕(ワルシャワ)、Naples〔ネィポゥズ〕(ナポリ) などでしょうか、日本で言う発音と全然違います。

ちなみにオランダは The Netherlands 〔ザ ネザーランド〕 とか Holland 〔ホランド〕だって言うのを知っていましたか?Orandaでは絶対判ってもらえないので参考までに…
by samu222_arphard | 2008-01-12 07:27 | オランダの雑学
<< MSエッシャー美術館 (ハーグ... スタバがオランダに上陸! 20... >>