シント・マールテン祭 2007.11.11

オランダで今日11月11日はシント マールテンのと言う子供のお祭りの日です。寒い冬を楽しく過ごすための知恵でしょうか。子供達は18時頃から19:30分時くらいまでの間、何人かでグループを作り、ランピョン(ランタン)を手に持って各家庭を周り、ドアの前でシント、シント、マールテン!とオランダ語の歌を歌います。子供たちが歌い終わると、その家はお菓子を振舞ってくれます。大人も楽しそうに子供たちの歌を聞いてくれます。
e0107616_4553087.jpg

この祭りは昔の聖人、シント・マールテンを偲んで行われるお祭りです。その昔彼はは貧しい家の凍えている人に、自分のマントを半分に切って分けて上げたり、パンや果物を分けて与えたりした人のようです。本日はそのシント・マールテンが亡くなった日で、今日はそれをみんなで思い出す日何だそうです。

今夜は雨が降ったりやんだり寒い日でしたが、子供達はとても元気に歌を歌ってます。ここでは人種のわけ隔てなく、夫々の家を訪問しあい、付き添いの大人たちも我々が日本人だと知ると、日本語でありがとうは何といいますか?と聞いてくれるので教えると、陽気にアリガトウとお礼を言ってくれます。20組くらいのグループが訪ねて来てくれました。
e0107616_4555821.jpg
e0107616_4561694.jpg

我が家の子供も友達とランタンを持って歌い、沢山のお菓子を嬉しそうに貰って帰ってきました。世界中の人達がこのような気持ちになれば、戦争なんて起こらないだろうし、最近の様に大人が子供を殺めるなんて事は起こらないんだろうなとつくづく思います。
久しぶりにほのぼのした、楽しい一時でした。
by samu222_arphard | 2007-11-12 04:57 | オランダの生活
<< About the China... ムール貝 2007.11.10 >>