グラシュカさん滞在記 2010.02.19~02.24

ポーランドからのお客様、グラシュカさんが5泊6日で我が家に遊びに来ました。

彼女は大の日本好き、日本の文化などについては、沢山の本を読んでいるので、我々よりも良く知っています。滞在中は、我が家での日本食や我々との会話を楽しみました。必然的に家族同士の会話も英語になりますが、話が面倒くさくなるとお姉ちゃんにお任せ…
e0107616_6184560.jpg

途中、カミサンの誕生日にはポーランド式のディナーを作ってもらいました。メニューは魚のムニエル、マッシュルームのスープ、ダンプリング、アップルパイなどで、ついでに作り方も習ったので、これからも本場ポーランド式の食事を楽しめます。
e0107616_21115559.jpg

カミサンのプレゼントには、ポーランド食器を大事に持ってきてくれました。僕もカミサンにはプレゼントをしたのですが、ポーランドの男性はいつでも女性には花束を贈るそうで、日本人には照れくさいと事だと言うと、随分からかわれましたよ(苦笑)。

ドイツのデュツセルドルフには、日本のものと同様のお寺があるので出かけてきました。カミサンや娘達は買い物に行っている間、お寺の中や日本の茶室、日本間などでを案内してもらって感激していました。作法など僕より良く知っています。
e0107616_20462239.jpg

e0107616_13502079.jpg

その後、日本食レストランで寿司を食べたり、日本食屋さんで味噌や醤油、お茶、海藻類などを嬉しそうに買って帰りました。ポーランドに帰って、味噌汁を作るそうですよ。ちなみに、ポーランドの家でも暖かい飲み物は日本茶しか飲まないし、梅干も食べられます。
e0107616_6263381.jpg

彼女と我々の趣味の共通点は絵画を見る事です。ゴッホ美術館や、マウリッツハウス美術館、クローラー・ミューラー美術館などに行って、ゴッホやフェルメールなどの絵画をたっぷりと楽しみました。それにしても絵の事についても良く知っています。
e0107616_6335068.jpg

お姉ちゃんは1週間学校が休みだったので、私が会社に行っている間は2人でアムステルダムに観光に行ったり、将来のことなども沢山話していたようです。ついでに私のことなども余計な事を話したようで… 後でタップリと説教をされましたよ(笑)。

下の娘は書道2段の腕前で、グラシュカさんの名前や、娘さん、友達の名前を綺麗な当て字で沢山書いてあげました。これにもまた感激していました。
e0107616_2119482.jpg

夕食時はワインを飲みながらゆっくりと会話をしたり、私はだしに使われカミサンや娘たちも大いに笑ったりと良い思い出になりました。彼女は最後まで年齢を明かしませんでしたが、うっかり日本の干支を口走ってしまったので密かにバレテしまいました。 『お陰でポーランドのおばさんが出来たよ』 と言うと 『お姉さんと言え』 としっかり訂正させられました。
e0107616_1345193.jpg

最後のスキポール空港までの車の中では、涙を流しながら別れを惜しんでくれました。今すぐにでも我々をポーランドに招待したいようでしたが今は無理です。今回の件で日本の家族の暖かさに触れた事、我々は無宗教だと言っていますが、日本人の繊細な心は仏教の教えから来ている事、本当にこの数日間は幸せだった事など話してくれました。そして益々日本の事が好きになってくれたようで、我々も良かったです。
e0107616_21341499.jpg

沢山の日本のお土産や思い出を胸にポーランドへと帰って行きました。
by samu222_arphard | 2010-03-06 14:00 | オランダの生活
<< ヴェニス 街並み編 2010.... 旧東欧旅行 ベルリン 最終回 ... >>