フリースランド 下 2010.01.30

ここはフリースランド洲の州都、レーワールデンです。この街は第一次世界大戦中に踊り子として名を馳せ、ドイツへのスパイ容疑で処刑されたマタハリの出身地でもあります。彼女の顔を書いた建物の壁がありました。落書きか芸術か… 
e0107616_1513692.jpg

オランダと言えども、ここまで北に来ると街の雰囲気が少し違います。ここには少数民族のフリージアンが大勢住んでいて、道路標識もオランダ語とフリースランド語の両方で書かれています。言語、文化ともデンマークの影響を強く受けているそうです。
e0107616_15132432.jpg

お昼になったので、洒落たカフェに入りました。何かフリースランドらしい食べ物はあるのか聞いてみましたが、特にここでは無いようなので普通のランチを注文。パンの上に生ハムが乗り、その上にサラダがてんこ盛り、ナイフとフォークで頂きます。
e0107616_15134272.jpg

腹ごしらえをした後は、アイセル湖畔にあるヒンデローペンと言う小さな街に移動。凍った運河に積もった雪を掃除しています。ここはスケートが盛んな場所です。
e0107616_15135961.jpg

この街は何度か来ています。普段オレンジ色の町並みは雪と氷で覆われて真っ白です。
e0107616_15143679.jpg

この街は手書きの絵付けの家具でも有名で、テーブルやイスに描かれた繊細な模様に魅せられてしまいました。ここは有名な5人の絵付け人の一人、ボーツマさんの工房です。この色柄のチェストや小物類をコツコトと集めています。
e0107616_1520079.jpg

ボーツマさんに、『オランダを紹介する日本の雑誌に記事と写真が出ていたよ』と教えてあげると、満更でもない様子でした。現在は息子さんが後を継いで修行中との事でした。
e0107616_15151126.jpg

ボーツマさんの工房に併設されているカフェは、ヒンデローペンの絵付けのテーブルやイスなどが使われていて、雰囲気は最高、ついつい寛いでゆっくりしてしまいました。
e0107616_16171481.jpg

フリースランドの日帰り旅行でしたが寒い中にも晴れ間がさし、氷や雪で覆われた綺麗な景色を楽しむことができました。
by samu222_arphard | 2010-02-07 18:48 | オランダの街
<< 旧東欧旅行 ベルリン 2009... フリースランド 上 2010.... >>