池の上での初スケート 2010.01.09

雪が多くて運河や池の氷の状態が良くないとレポートしたばかりですが、一昨日は気温がマイナス10℃以上にもなり、みんな池に集まってスケートをしていました。娘と車に乗っていてこのフィーバーを発見し、我々も慌ててスケートかついで来て見ました。
e0107616_1634124.jpg

近くの池には昨年同様スケート好きの人達が集まり、氷を整える装置を使って綺麗なリンクを作ってくれています。池の前の家では、チャッカリホットドリンクも販売しています。
e0107616_1635698.jpg

みんな楽しそうに滑っていますが、風が強くて体感気温はマイナス15℃だとか・・・
e0107616_1641170.jpg

アイスホッケーを始める人達も、でも普通の人達がスティックを持っているのがスゴイ。
e0107616_1642549.jpg

いつも見ている教会も水の上から見るアングルは、いつもと違いいい感じです。
e0107616_1645464.jpg

最初は喜んで滑っていましたが、寒さのため1時間も経たずに退散しました。
# by samu222_arphard | 2010-01-12 06:33 | オランダの生活

雪と氷 2010.01.07

1/6の帰り道、途中までは何の渋滞も無く順調に帰っていましたが、家まであと15kmの地点で突然雪が降ってきたと思っていたら、だんだん激しくなり高速道路にも積もり始めました。そしてみんなが一斉に帰宅を始めた時間と重なり大渋滞って言うか全然動きません。
e0107616_18445092.jpg

結果、立ち往生する車も出てきて普通は1時間で帰れるところ、3時間も掛かってしまいました。ようやく家に帰り着くと既に10cmも積もっていました。後で聞くと、どこの道路も電車も夜中まで大混乱していたそうです。今年の冬は雪が良く降ります。

一方、少し凍った運河にこの雪が積もってしまい、氷の状態が良くなく、一部では天然の氷でスケートが出来ているようですが、全般的にスケートファンには残念な冬のようです。気温は現在マイナス5℃あり、もう少し寒くなるような事を聞いています。高速道路は融雪剤が撒かれていて、車の窓ガラスやドアミラーが白く曇るので、ガソリンスタンドで洗うと、この通り洗うそばから凍っていきます。この自然現象は面白い!
e0107616_2024114.jpg

去年の夏は良い夏で長く楽しめましたが、冬はただ寒いだけの冬よりも、雪が降ったり凍ったりした方が思い出に残る楽しい冬になります。
# by samu222_arphard | 2010-01-09 04:03 | オランダの生活

旧東欧旅行 プラハ 2009.12.26 前編

プラハ2日目、ホテルの朝食を食べて9時には観光に出発。今日は快晴で青空ですがこの時期の太陽は低くて、写真を撮るには逆光が心配です。市民会館もこの通り暗と明。
e0107616_23533558.jpg

市庁舎前の地面にある27の白い十字架は1620年、ハプスブルク家に敗れたチェコの指導者達が処刑されてその首が置かれていた場所だそうです。目に浮かぶようで不気味。
e0107616_23535558.jpg

旧市街広場を抜けてカレル橋に着くと、息を呑むようなような絶景です。プラハ城が中世以来の姿を見せ、特徴ある赤い屋根の建物とマッチしてひときわ偉容を見せています。
e0107616_063619.jpg

プラハ城を目指してカレル橋を渡りますが、各所に搭が現れ、『百搭の街』 と言われる所以が判ります。これらの中世の面影を残す街を見て、本当に来て良かったと思います。
e0107616_0151499.jpg

小高い丘を登っていくと、14世紀以来のボヘミア王国のシンボル、プラハ城に着きました。
e0107616_0251349.jpg

プラハ城内には旧王宮、教会、黄金小路、歴史的建造物を利用した博物館などがあります。赤い聖イジー教会は10世紀に基礎が作られたロマネスク建築です。
e0107616_18182262.jpg

黄金小路は城内で仕える召使達が住んでいたそうです。おとぎ話の様な建物で、現在はお土産屋さんになっていますが、身を屈めないと入れないような小さな入り口です。
e0107616_18183850.jpg

聖ヴィート大聖堂の裏側の広場。
e0107616_18185072.jpg

衛兵の交代式を見ることが出来ました。ロンドンの衛兵さんは瞬きもしないほどジッとしていますが、こちらは銃剣を持っている上、近づくとこちらを見るので怖かったです(笑)。
e0107616_1819430.jpg

2本の尖塔が特徴の聖ヴィート教会はケルンの大聖堂に似たゴシック建築で、旧市街からも良く見えます。この中に入るのに1時間待ちと言う事であっさり断念しました。
e0107616_18191883.jpg

橋のたもとに立っている塔に登ってみました。ここからはプラハ城やカレル橋を上から眺められ、最高の眺望です。赤い屋根が特徴の景色は西側ヨーロッパとは違います。
e0107616_18193995.jpg

旧市街方面を見ると正に 『百搭の街』 です。ガイドブックではプラハを 『北のローマ』 、 『建築博物館の街』 、『ヨーロッパの魔法の都』 等とも比喩しています。
e0107616_18195771.jpg

今日のランチはクリスマスマーケットで簡単に済ませます。私達は豚の丸焼き一人250g、我々がナイフとフォークで食べていると、みんな珍しそうに覗き込んでいきます。
e0107616_18201513.jpg

お姉ちゃんはパンの容器に入ったグラーシュ。イギリスから来た夫婦と話をしながら食べていると、陽気な酔っ払いが隣に来てチェコ語?で話しかけてきますが全然判んない!
e0107616_1935695.jpg

食後、ムハ美術館に行きました。これはチェコ出身のアールヌーヴォーを代表する画家の美術館で、規模は小さかったですが、彼の作品を数多く見ることが出来ます。日本で人気があるそうですが、僕はあまり興味がありません。写真は土産物屋さん。
e0107616_18203163.jpg

色々な所を見て来ましたが、プラハの街は観光するには丁度良い大きさの街です。現在16時、一度ホテルに帰って正装に着替えて、今回の旅行の目玉、バレエ 『白鳥の湖』 を見に行く事にします。こしてここで我々の旅行の恒例のハプニングが…
# by samu222_arphard | 2010-01-07 14:46 | ヨーロッパの旅行

旧東欧旅行 プラハ 2009.12.25

今回のクリスマス休暇は、あえて寒い旧東欧に行く事にしました。旅行の概要はチェコのプラハ、ドイツのドレスデン、ベルリン、そしてポーランドのシュシェチンの6泊7日の旅行です。ベルリンの壁が崩壊してから丁度20年、自由を奪われてきた旧共産体制の国々で、当時は訪れる事が難しかった国を見てみたいと言う事が、目的の一つです。

当日は朝から雪が積もり始めて、ホワイトクリスマスになりましたが、飛行機が定刻通り飛ぶかが心配です。結果、予定より1時間遅れでしたが無事に離陸、プラハまでは1.5時間のフライトです。上空から眺めるスキポール空港は雪に覆われてとても綺麗です。
e0107616_16535643.jpg

KLMで予約したのに、飛行機は共同便でチェコ航空でした。少し心配でしたが、快適にプラハの空港に到着。プラハでは2泊の予定で、直ぐにホテルにチェックインして早速観光に繰り出します。初めて見るプラハの街は中世の雰囲気が漂っていて感激です。左の黒い搭が火薬搭、右側の建物が市民会館で音楽ホールやレストランなどがあります。
e0107616_23162514.jpg

旧市街広場はクリスマス・マーケットが開いていて賑やかです。左が市庁舎の天文時計、前に見えるのがティーン教会でプラハの見所の一つです。
e0107616_23164173.jpg

寒いと思って厚着してきましたが、オランダの方が寒かったみたい。たぶん1~2℃はあると思います。雰囲気の良いレストランでチェコビールとチェコ料理を楽しみました。
e0107616_23165663.jpg

カレル橋から眺める景色は想像していたよりもカラフルで綺麗です。
e0107616_23171156.jpg

カレル橋はヴァルタヴァ川に掛かるプラハ最古の橋です。今は平和に観光客で賑わっていますが、他国に侵略され続けて、自国の自由を奪われてきた長い歴史に思いを馳せると、この美しさにも感慨深いものがあります。
e0107616_23172518.jpg

この煌びやかな建物が、バレエ 『白鳥の湖』 を見る予定の国民劇場です。ここでハプニングが発生するとはまだ知る由もありませんでした(笑)。
e0107616_2317394.jpg

山の上に見えるのがプラハ城、とても綺麗で直ぐにでも行ってみたい所でしたが、ここへは明日行く事にして旧市街の方へ引き返しました。一度に全部見てしまうのは勿体無い。
e0107616_23175450.jpg

街はこんな感じです。
e0107616_2318849.jpg

プラハのお土産はボヘミアン・グラス、マリオネット、マトリョーシカなどあり、何を買うのか気合が入っていましたが、結局は、『白鳥の湖事件』 のためどれもゲット出来ず…
e0107616_23182242.jpg

さすがに暗くなってくると寒くなり、クリスマスマーケットをグリュー・ワインを飲みながらそぞろ歩きします。家に帰らなくて良いのは旅の醍醐味、ついつい飲みすぎてしまいます。
e0107616_23183945.jpg

今日はクリスマス、我々も家族でクリスマスパーティーをと、ガイドブックに乗っている店を探しますが歩けど歩けど見当たりません。挙句に市街から離れてしまい、人気が少なくなってきたので止む無く引き返しました。結局寒い中1時間以上も歩いて探しましたが、2~3年前のガイドブックだったので、店が変わってしまったみたいです。

テンションが下がりかけていたので、迷わず生演奏付きの雰囲気の良いレストランに入りましたが、物価はオランダより安いので安心です。クリスマスに食べたかった、ウサギの肉をオーダー。チェコビールと共に美味しく頂きました。
e0107616_23185297.jpg

チェコはEUの加盟国ですが通貨はチェコ・コルナ。外貨歓迎のようで、結構ユーロが使えました。1000CZKが38€位、ビール1杯が1€、レストランで4人で普通に飲んで食べて60€位です。お土産は同じ位の値段ですが、全体的には安いみたい。
e0107616_23193250.jpg

今日は初日なので21時にはホテルに戻りゆっくりしました。
# by samu222_arphard | 2010-01-06 14:08 | ヨーロッパの旅行

世界遺産を独り占め 2010.01.04

娘を学校まで送っていった後、氷に閉ざされた風車群の写真を撮りたくて、一人でキンデルダイクまで行ってきました。オランダが誇る世界遺産は想像通りの氷の世界。
e0107616_5361211.jpg

気に入った写真が撮れましたが、あまりの寒さのためか誰もいません。気温はマイナス5℃位なので大したことありませんが、吹きさらしのためか体感気温はマイナス30℃!?
e0107616_5363746.jpg

世界遺産を独り占め出来たのは感激でしたが、体全体が冷え切ってしまい即退散。
# by samu222_arphard | 2010-01-05 05:36 | オランダの街

2010年 初ビックリ 2010.01.03

旅行から帰ってきて、1週間分のニュースをチェックしていてビックリ。

去年の12月25日にアムステルダムのスキポール空港発デトロイト行きの機内で、テロ未遂があったとの事。オランダ人の男性が犯人を取り押さえて、大事には至らなかったものの、犯人は爆発物に火を付け一歩間違えば大惨事になっていたようです。

我々も同じ日にスキポール空港からプラハに向かったので、興味がありさらに調べると、デルタ航空機は8:30発、我々の飛行機は8:40発でチェックインのカウンターは同じ場所でした。と言う事は同じ時間に同じ場所に爆発物を持った犯人がいたと言う事になります。

当日は朝早くて空港は比較的空いていたので、僕らも犯人を見かけていたのかも知れません。スキポール空港での手荷物検査がゆるい事は、以前記事で読んだことがありますが、どこの空港でも金属探知機でパスできれば、危険物を持ち込む事は可能なようです。

今回は間一髪で犯人に飛び掛って取り押さえた、オランダ人がヒーローとして賞賛されています。オランダの中でそんな勇敢な人がいたのにもビックリ?しています。今回を境にスキポールの検査も厳しくなると思いますが、安全のためにはしょうがありませんね。

          当日の空港内の写真、この中に犯人がいたのかも・・・
e0107616_15322573.jpg

# by samu222_arphard | 2010-01-03 15:33 | オランダの生活

新年あけましておめでとうございます 2010.01.01

新年あけましておめでとうございます。
今年もブログを更新していきますので、よろしくお願い致します。また少し原点に返ってオランダの生活風景などもどんどん紹介していこうと思っています。

我々はこのクリスマス休暇に、チェコのプラハ、ドイツのドレスデンとベルリン、ポーランドのシェチェチンの東欧旅行に行ってきました。特にシェチェチンではポーランドの普通(お金持ち)のお宅にも泊めてもらい、本当にかけがえの無い経験をさせてもらいました。

これらの旅行記もボチボチと更新をして行くつもりです。今年もよろしくお願い致します。

                  ベルリンのブランデンブルグ門
e0107616_1281479.jpg

# by samu222_arphard | 2010-01-03 01:45 | オランダの生活

ホワイト・クリスマス 2009.12.25

オランダは1981年以来のホワイト・クリスマス! 天気予報では雪は降らないと言う予報でしたが嬉しい誤算です。僕は生まれて初めて?のホワイト・クリスマスだと思います。

A'dam スキポール空港のクリスマス・ツリーです。朝7時、雪が積もり始めました。
e0107616_43409.jpg

クリスマス休暇で1/3まで休み、旅行に出かけるために空港に来ましたが遅れが心配。
e0107616_4342074.jpg

この機体に乗り込み1時間遅れで無事に出発!寒いヨーロッパですが楽しんできます。
e0107616_4343829.jpg

# by samu222_arphard | 2009-12-28 14:20 | ヨーロッパの旅行

恒例のクリスマス行事 2009.12.20

英語の先生の家に、クリスマス用フラワーアレンジメントを見に行きました。家を出る前は大雪なので今日は無理だとキャンセルの電話を入れると、先生の家の近辺は大して降っていないと言うので、出かけて見るととんでもない大雪でした。

先生の家までは75km、高速道路は視界不良の低速道路になっていました。
e0107616_20523879.jpg

高速を降りると、普通に自転車に乗っている人達が… 何と逞しいオランダの人達か!
e0107616_2052487.jpg

普段は1時間で到着する所を、2時間半掛けて到着。先生も誘った手前恐縮しきりでした。そして目的のフラワーアレンジメント、先生のクリスマスの恒例行事で、1週間以上掛けて製作し、広ーい部屋を花とロウソクで飾り付け、華やかなクリスマスを演出します。
e0107616_2053319.jpg

これはリビングルームの一番豪華なヤツ、アマリリスや青リンゴなども入り混ぜてダッチスタイルのフラワーアレンジメントです。この奇抜な発想が見ていて楽しいです。
e0107616_20531419.jpg

これは赤で統一したバージョン。花を通して見る外の雪景色も綺麗です。普段私は話しているので、今日はあまり話さない事にして、カミサンと上の娘は英語、下の娘はオランダ語で先生の質問攻めに遭っていました。良く話が出来るようになったと感心されていました。
e0107616_20532642.jpg

夕食をご馳走になり、雪が上がった所でおいとましましたが、雪は止んで高速道路も雪かきをされて、快適なドライブで家に帰り着きました。
# by samu222_arphard | 2009-12-25 01:57 | オランダの生活

雪 2009.12.18

先週から気温がどんどん下がって、本格的な冬になってきたと思ったら、17日にドカンと雪が降りました。一面雪景色で綺麗なのですが、突然の雪に鉄道も道路も大混乱。

日中でも氷点下で、小さな運河は氷始めていました。今週末は昨年に続き運河でスケートを!とを楽しみにしていた人達は、氷の上に雪が積もってしまい大ショックの様です。

この週末にも雪の予報の上に、気温は氷点下10℃位まで下がるようです。さてどんなに寒いのか、どんな事になるのか、初めての経験なので楽しみにしています。
e0107616_13161395.jpg

# by samu222_arphard | 2009-12-19 04:32 | オランダの生活