<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マーストリヒト 2009.10.24

白い街トールンから南に40km南下して、オランダ最南端に位置するリンブルグ州の州都マーストリヒトに来ました。家からは210kmの距離です。マーストリヒトは紀元前50年のローマ人の入植に遡る歴史をもつ、オランダ最古の町です。ここはドイツ、ベルギーの国境とも近くて、街にはオランダ、ドイツ、ベルギーナンバーの車が入り混じっています。
e0107616_17593032.jpg

右側の教会がオランダで最も古い教会の一つ聖セルファース教会で、地下室の一部は6世紀から造られ始めたそうです。左側の赤い教会が高さ70mの聖ヤンス教会。かつては牛の血でこの赤色を染めたそうですが、赤い教会は初めて見ました。
e0107616_17594158.jpg

オランダ随一の美食家が集まることから、グルメの町とも呼ばれています。雰囲気は陽気で明るく、カーニバルやクリスマスもオランダ北西部より華やかにお祝いします。
e0107616_17595038.jpg

街の名の由来は「マース川を渡ったところ」にあることから、マーストリヒトと呼ばれるようになりました。この橋は13世紀に作られたオランダ最古の橋の一つ聖セルファース橋。
e0107616_180263.jpg

橋の感じはベルギーの様です。橋を渡るとチョコレート屋さんがあるはずなのですが…
e0107616_1801213.jpg

ありました!小さなチョコレート屋さん。ここのチョコレートを食べた故レーガンアメリカ大統領が、美味しかったと手紙を送ったと言う逸話が有る店で、店頭には大統領の写真が飾ってありました。何種類かのチョコレートを選んで買いましたが、美味しかったですよ。
e0107616_1802217.jpg

マルクト広場の中央に1664年に建てられた市庁舎があり、塔には43のベルを持つカリヨンがあり、決められた時間になると妙な?音を奏でるそうです。
e0107616_1803281.jpg

またマーストリヒトの名を世界的に知らしめたのが、1992年2月7日に調印された欧州連合条約(通称マーストリヒト条約)。翌年11月の欧州連合(EU)の発足に先立つもので、通貨EUROの導入も盛り込まれており、歴史的に重要な条約がここで結ばれました。
e0107616_1804224.jpg

老舗の洒落たワイン屋さんを発見、この辺りはオランダのワインの産地でもあり、初めてオランダ産のワインを購入してみました。オランダワインは希少で白が主流のようです。
e0107616_1805368.jpg

古くから政治、交通、商業の要所として栄え、またドイツとベルギーへ直ぐ近くという土地柄から、他国の影響を色濃く受けてきて、オランダの他都市とは違った雰囲気を味わう事ができる街でした。
by samu222_arphard | 2009-10-31 15:20 | オランダの街

庭のキノコ 2009.10.29

暖炉の薪を割るため使っていた太い木の台に、何と沢山のキノコが生えてきました。この木は2年以上も庭に放置していて今までは何も無かったのですが、突然こんな状態に。
e0107616_20353819.jpg

中には美味しそうな物もあり、鍋で食べられそうですが… もちろんキノコは怖いので食べるつもりはありませんが、ドイツまで買いに行っている事を考えると勿体無い限りです。
e0107616_2035491.jpg

味覚の秋ならぬ視覚の秋?として楽しんで見ています。
by samu222_arphard | 2009-10-30 06:22 | オランダの生活

アンダルシアの旅 ⑨ 2009.08.11 グラナダ観光

アルハンブラ宮殿の観光を堪能した後、山の上からグラナダの街に循環バスに乗って下りて来ました。街歩きの基点はここイザベル・ラ・カトリカ広場です。これはコロンブスがイザベル女王に拝謁している像で、この辺りはデパートや店が並ぶ賑やかな所。
e0107616_22291435.jpg

ここからアルハンブラ宮殿の眺めが綺麗な、アルバイシンへと向います。この辺は11世紀頃にイスラム教徒によって築かれたグラナダ最古の街並、そこへ向う細い坂道の通りはモロッコや中近東のエキゾチックな土産物屋が建ち並び、アラブのバザールの様。
e0107616_22292679.jpg

ガイドブックによるとこの辺は 『あまり治安が良くないので、昼間でも人通りの少ない道は避ける事』 とありました。細い道は迷路の様に入り組み本当に物騒な感じ。もちろんいつも用心していますが、今回の旅行に当たり首締め強盗に遭っても良いように、お金は別けて持ち(その内の一つは強盗への贈呈用?)、腕時計は安物に変えて来ましたよ。
e0107616_22293776.jpg

無事に高台にある絶好の見晴台に到着。ここから見るシエラ・ネバダ山脈を背景にしたアルハンブラ宮殿は最高の眺めです。しばし写真撮影をした後、明るい内に退散。
e0107616_22294889.jpg

夕食は大聖堂近くのカフェやレストランが建ち並ぶ、比較的治安の良さそうな場所で食べました。昨夜の肉料理や脂っこいタパスが効いてかなり胃が疲れてきたので、あっさり目のオムレツの様なものをオーダーしました。その後、グラナダの街を少し散策。
e0107616_2230147.jpg

荘厳なグラナダ大聖堂はカトリック・スペインのイスラムに対する勝利の記念碑として建設され、スペインで最高のルネッサンス様式の教会建築物として知られているそうです。
e0107616_22301210.jpg

グラナダの街ではイスラムの雰囲気をたっぷりと満喫する事が出来ますが、ここにいると正直どうも落ち着きません… と言うか安心できません。みんなも同感なので、暗くならない内に循環バスに乗ってアルハンブラ宮殿近くのホテルへ戻りました。
e0107616_22302372.jpg

今回のホテルは宮殿近くの丘陵に建つ、外観も内装もイスラム風の豪華なホテルで、ロビーの壁や部屋のバスルームなどは、まるでアルハンブラ宮殿のようでした(笑)。
e0107616_22303482.jpg

ホテルの中はとりあえず安全なので、見晴らしの良いカフェに入り我々大人は飲み直し。旅も後半になり疲れが出てきましたが、こんな贅沢な景色をゆっくりと眺めていると癒されてきます。明日は最後の訪問地、マラガとトレモリノスへと移動します。
e0107616_22304591.jpg

by samu222_arphard | 2009-10-29 02:52 | ヨーロッパの旅行

トールン 2009.10.24

今日はオランダの南部にある白い街で有名なトールンとマーストリヒトの街に出かけてきました。先ずはトールン、この街はベルギーの国境に近く、オランダには珍しく街全体の建物の色が白い色に塗られている街です。家からは南に170km、約2時間のドライブです。
e0107616_1991672.jpg

街に車で入ると真っ白に塗られた建物が現れました。赤い花と相まってアンダルシア地方のようですが、残念ながら空がドンヨリしてここはオランダに間違いありません(笑)。
e0107616_1993648.jpg

白く塗られる意味は、かつてこの街に住んでいた修道女に敬意を表して、伝統的に真っ白に色を塗り続けていると言う事らしいです。白い街は明るく清潔感があります。
e0107616_1994824.jpg

町の中心には修道院長の住居でもあった教会の美しい塔が聳えています。
e0107616_1910364.jpg

教会のお墓からも白い建物を撮ってみました。街には小さなホテルが数件とレストラン、小さなお土産物屋さんがある位なので、1時間もあれば充分に歩いて周れます。
e0107616_19101448.jpg

朝が早かったせいか街は閑散としていましたが、清潔感のある綺麗な街でした。今回の白い街を見たことで、オランダにある緑色の街、赤色の街と合わせて3つの色の特徴のある街を見ることが出来ました。次はマーストリヒトに移動します。
e0107616_19103045.jpg

by samu222_arphard | 2009-10-27 13:50 | オランダの街

秋の夜長のボードゲーム 2009.10.23

英語の授業が終わった後、先生に『最近は娘がパソコンばっかりやっているので注意しなきゃ』 と言ったら、『だったら家族でこれやんなさい』 とボードゲームを出してきてきました。オランダでも若い人たちがPCばかりやっているのは気になるとの事です。

アルファベットの駒を並べて交互に単語を作るゲームなんだけど、やり方を教えてもらいながらゲームを進めるうちに、お互いだんだん熱くなってきて、本格的な勝負になってしまいました。日本人って意外とこう言うの得意なんですよね。結局勝っちゃいました!

このゲーム借りてきて娘ともやりましたが、久しぶりに対面してやるゲームは盛り上がります。サマータイムが終わって夜が長くなりましたが、こういう過ごし方も良いものです。
e0107616_011069.jpg

by samu222_arphard | 2009-10-25 23:51 | オランダの生活

紅葉の秋 2009.10.23

オランダは朝夕が寒くなり、着実に冬に近づいていますが、会社の周りの木々は今が紅葉真っ盛りです。昼休みのウォーキングの時に撮りました。日本のように山が無いので、立体的に見える紅葉の景色ではありませんが綺麗に色づいています。
e0107616_19273519.jpg

歩道は落ち葉の絨毯で埋め尽くされていて、この上をカサカサ歩くのは心地よいです。
e0107616_19292057.jpg

この辺りは終わりかけていますが、黄色の色が綺麗です。
e0107616_19293166.jpg

何と言う木かは判りませんが、同時に赤と黄色と緑の色が楽しめます。
e0107616_19294462.jpg

オランダの人達も紅葉を見るのは好きなようで、写真を撮ったり木々の下を散歩したりして短い秋の一時を楽しんでいるようです。
by samu222_arphard | 2009-10-24 13:04 | オランダの生活

オランダで親孝行  2009.10.02~10.20

僕の両親がオランダに来ました。年齢的に12時間のフライトは心配でしたが、思ったより元気な姿でで到着して一安心。孫達とは14ヶ月ぶりの再会で、大いに話が弾みました。たくさんの良い思い出と土産話を胸に、先ほど日本に帰っていきました。

10月2日、日本から没収覚悟で持ってきてもらった鯛の寿司、本物の日本の味に感激!
e0107616_19235936.jpg

10月3日、典型的なオランダの街ライデンに行きました。オランダだよ、おっかさん!
e0107616_19241038.jpg

午後、娘の学習発表会を見に学校に、娘の頑張っている姿を見てもらいました。
e0107616_19242490.jpg

10月4日、ベルギーのアントワープにも行きましたよ。綺麗な街が気に入ったようです。
e0107616_19243740.jpg

10月7日、オランダ政治の首都、ハーグとスケーヘニンゲンビーチに半日観光。
e0107616_19245258.jpg

10月10日、ドイツのケルン大聖堂を見に、国際列車(ICE)に乗って行ってきました。
e0107616_1925644.jpg

10月11日は英語の先生の家に招待してもらい、おいしいオランダ料理とワインを堪能。
e0107616_19252278.jpg

10月16日、娘の英検の試験に便乗してロンドンに行きました。ヨーロッパ4カ国目制覇!
e0107616_19255947.jpg

10月18日は最後の観光の日、クローラー・ミューラー美術館とデ・ハール城に。
e0107616_19261010.jpg

平日は自力でアムステルダムの美術館に行ったり、英語の先生の旦那さんに1日観光(大冒険?)に連れて行ってもらったりしていました。充実したオランダの滞在になったと思いますが、それ以上に、我々の元気なオランダの生活を見てもらい、さぞかし安心した事だと思います。今回は本当に良い親孝行が出来たとカミサンを初め娘達に感謝感謝!
by samu222_arphard | 2009-10-21 03:18 | オランダの生活

0℃ 2009.10.14

最近秋晴れが続いているオランダですが、とうとうやってきました。これは朝7時頃ですが、車には霜が降りていて気温は0℃です。いよいよ厳しい季節がやってきました。オランダの同僚に聞いたら、ドイツの山の方では雪が1mも積もったと言っていました。
e0107616_22241091.jpg

秋は意外と早く終わってしまい、いつの間にか長い冬になってしまうのでしょうね。
by samu222_arphard | 2009-10-19 00:38 | オランダの生活

秋真っ盛り 2009.10.10

気が付いたらオランダは秋真っ盛りで木々も紅葉しています。先日行ったハーレムのキノコ屋さんでは、色々な種類のキノコが並んでいます。中には毒キノコのようなものも…
e0107616_20513711.jpg

我々の好きなキノコはこのあんず茸(ジロール茸)です。本当にあんずの香りがして、クリームソースに混ぜて、肉に掛けて食べると最高です。
e0107616_20514974.jpg

所でこのキノコの名前は "SHII-TAKE"
e0107616_2052024.jpg

そしてこのキノコの名前は "NAMECO" と言います。もちろん日本語が語源ですよね? 何しろオランダにも秋の味覚はありました!
e0107616_20521215.jpg

by samu222_arphard | 2009-10-14 20:52 | オランダの生活

スキミング被害 2009.10.06

先日、クレジットカードの引き落とし明細を見ていたカミサンがビックリ、全然思い当たらない引き落としの金額を発見しました。具体的には、アメリカのシカゴの免税店で1200€、アップルストアで1300€の買い物をした事になっていています。こりゃースキミングだわ!

カードを使用した事になっている当日は会社にいたし、もちろんそんなお金は使っていないので直ぐにカード会社に電話して、カードをブロックしてもらいました。その後、被害届の書類を書いてカード会社に送り、1ヶ月位で保険が適用されて今回引き落とされたお金は全て戻ってきました。もちろんカードも新しい物に替えてもらいました。

オランダはカード社会で、現金は殆ど持ち歩かなくても済むのですが、最近この手の被害が増えているようです。カード情報を盗まれる機会としてはインターネットでの買い物、ホテルやレストランでの使用時など沢山ありますが、気をつけなければいけません。

結果、お金が戻ってきたので言えますが、僕のカード情報が一人歩きして、アメリカで買い物をしたとは何ともグローバルな話?じゃなかった、気味の悪い話ですが、この手の犯罪を取り締まるのは難しいのですかね。もう二度と遭わないことを願います。
by samu222_arphard | 2009-10-07 12:39 | オランダの生活