<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まだ10月末だと言うのに 2008.10.29

今朝は娘達を駅やバス停まで車で送って行くため、子供達を急かせて車に行くと何と凍っています!寒いとは思っていましたが、想定外なので慌てて氷を掻く道具をトランクから探し、急遽ガラスの氷掻きになりました。近所のダッチも慌てて車の氷を取っています。
e0107616_19385742.jpg

5分ほど掛かって車に乗り込み、温度計を見ると何と気温は0℃です。まだ10月なのに今年はマイナス15℃も夢じゃない?おまけに霧が深くて見通しが悪いったらありゃしない。
e0107616_1942690.jpg

娘達をギリギリ送り届けてから、落ち着いて景色を見るととても神秘的です。本当は一眼レフを持って出かけたい所ですが、普段持ち歩いているデジカメでパチリ。
e0107616_19434130.jpg

どうせ寒いなら思い出に残る位い、徹底的に寒くなって欲しい!オランダ名物、11市町村を結ぶ川や運河を使ったスケートレースを是非見てみたい所です。
by samu222_arphard | 2008-10-31 05:29 | オランダの生活

これも何かの縁 2008.10.25

今日はオランダ人の2m以上の背丈があるお客さんが来ました。先日の娘が書道でオランダの人の名前を書くイベントで、娘の相棒で通訳をしてくれた人です。これまでこんなに流暢な日本語を話すオランダ人は見た事がありません。日本に興味を持ち、日本へは2回行った事がありますが、日本人の友達は無く、普段日本語を話す機会が無いとの事。

じゃあ家に来ればいいじゃない!日本語使えるし、日本の本は山ほどあるし、日本のテレビは見られるし、と言うのが話の発端です。彼は現在ロッテルダムの高校で、この9月から社会の先生をしています。3年前日本の映画を観てから日本が好きになり、大学で日本語を勉強し、卒論は徳川時代について書いたのだと言っていました。

家に来ると日本の匂いが盛りだくさん、知的好奇心で目が輝き、日本語衛星放送や、日本の本や新聞を食い入るように見ていました。子供達も彼に丁度良い本を色々見繕っていましたが、結局は小学校3年生の漢字ドリルが自分のレベルだと知ると、少しガッカリした顔をしていました。まあ気にすんな!僕も同じような経験何度もしてっから(汗)

夕食は散らし寿司や刺身、おでん等をとても喜んで食べてくれました。彼は自分で味噌汁を作ったり、普段は箸で食事をしたりしているそうです。彼は 『です・ます』 調の正しい日本語を習っているので、私も気を付けて日本語を話さないと、理解されなかったりしてもう大変です。不明な点は辞書で調べたり、英語で補ったり、娘に登場してもらったり。

我々は彼からオランダ語を習いましたが、彼曰く日本語もそんなに難しくないし、オランダ語もどこが難しいのか?と嫌味無く話していました。いやー、出来が違うんだよ、勉強する努力が足りないんですよね。我々は… ちなみに彼は5ヶ国語を話すそうです。

不自由な環境の中で、一生懸命日本について勉強している人を知り、娘と2人で刺激を受けるとともに、彼の日本への勉強の助けになればと思います。彼からは 『おばあちゃんのアップルパイ』 を焼いてきてもらったので、お礼に日本の歴史の本等をお土産に渡すと喜んでくれました。今度は彼が、彼女と一緒にロッテルダムを案内してくれるそうです。
e0107616_2133480.jpg

by samu222_arphard | 2008-10-30 05:40 | オランダの人

英語の授業+アルファ 2008.10.24

基本的には週に1度の英語の授業を続けて1年半位になりますが、ある程度のところまで行った後伸びが止まっている気がします。トホホホ。まあ、そうは言うものの継続は力なりで、コツコツとは続けていきますが、今日はそのプラスアルファのお話です。

英語の授業は先生のお宅で個人的に受けるのですが、先生の24人の生徒の中で私が最年長なのは間違いないようです。その為か、話も良く合いレッスンが終わりに近づくと、先生のご主人が 『さあそろそろ終わろうよ!』 と呼びに来て、そこからまた小一時間、旅行の話や週末の出来事、日本やオランダについてなどの雑談が始ります。

ご主人はもうリタイアされていますが、オランダの海運会社に勤めていて、31歳で取締役になったスゴイ方で、最後は4000人の部下を持っていたそうです。今は優しいおじいちゃんですが、仕事の話となると顔つきが変わり、参考になる話を聞かせてくれます。

例えば、オランダ式の仕事のやり方や考え方、部下への仕事の与え方。どういう態度や言動がオランダ人にとって不満で、どういう組織運営をした方がいいか。ビジネスで失敗した話や成功した話。ビジネス上でのヨーロッパ各国人の気質等、こんな大切な話は会社の人は誰も教えてくれないので、とても参考になり興味深く聞く事ができます。

この時ばかりは、2人の話を先生は黙って聞いています。男同士の話に口を出さないのは万国共通か?日本にいた時は色々な先輩や上司がいて、酒を飲みながらこのような話を沢山聞かせてくれたり、話したりしたのですが、こちらでは中々こういう人が居ないので大切な存在です。本当は英語の授業よりも、この様な話をもっと聞きたいのですが・・・ 
by samu222_arphard | 2008-10-24 12:53 | オランダの人

デュッセルドルフ 2008.10.19

土曜日、カミサンと上のお姉ちゃんは用事があるので、下の娘と2人でちょいとデュッセルドルフに行ってきました。目的はぶらりライン川沿いの散歩とお昼のランチです。

ドイツのアウトバーンは紅葉が綺麗です。家から国境までは約140km、オランダ内の高速道路は制限速度があり、市街地付近が100km/h、それ以外が120km/h、至る所でスピード監視カメラが目を光らせていますが、国境を越えドイツへ入ると…
e0107616_22384436.jpg

速度無制限、車の高速性能も良いので… 家からデュッセルまでは、240kmありますが、約2時間15分で到着しました。このアウトバーンは、ヒトラーが有事の際には飛行機も着陸できるように設計させたようで、コンクリートの厚さは約70cmもあるそうです。
e0107616_22385514.jpg

デュッセルはミニ日本なので、お昼のランチは日本食屋さんで、娘は握り寿司(カッパ巻きが多いですが…)、私はカツ煮定食を食べました。その後、本屋さんやドイツのデパートでお買い物。文房具もオランダに比べるとカラフルで種類があり、しばし日本にいる気分。
e0107616_2239670.jpg

食後の運動にライン川辺りをぶらりと散歩しましたが、ドイツの人達は昼間からビール、ビール、ビールです。立ち飲みで気軽にデュッセルの地ビールが飲めますが、車で運転して帰るので残念ながら今回はパスです。こんなのオランダにあれば良いんだけど。
e0107616_22391815.jpg

天気が良くて暖かい日は1日座ってビールにソーセージを食べながら過ごしてみたい。でもヨーロッパの人は話好きで、いつもカフェなどで家族や親類でおしゃべりをしています。
e0107616_22392994.jpg

久しぶりに下の娘と2人で、デュッセルドルフでのデートを楽しみました。ヨーロッパの高速道路は土曜日ほとんど込む事がないし、その上ダタ。夕方5時頃には帰り着きました。
e0107616_2239418.jpg

by samu222_arphard | 2008-10-23 03:53 | ヨーロッパの旅行

祝!ウォーキング1周年記念&紅葉 2008.10.17

会社では昼休みに歩いている話を以前書きましたが、10/17で丸1年になりました。この間、雨や仕事が長引いたりした時意外は、冬の氷点下でも、毎日20分程度ですが継続しています。別な会社の人とも知り合いになりましたが、脱落したのか最近は私1人です。

継続は力なりと言いますが、この1年で体重が5~6kg減ったかな?それ以上にオランダの同僚たちも感心して見ているようです。(フフフ…) 日本人魂を思い知ったか!!

日本も紅葉が真っ盛りだと思いますが、平地のオランダでも紅葉してきました。散歩の最中に紅葉の進み具合を、写真に撮りながらウォーキングするのも楽しみの一つです。
e0107616_20581346.jpg

全体的には葉っぱが黄色く色づく木が多いようですが、赤が混じるとまた綺麗です。オランダの人達は紅葉を特別視していないようです。日本の騒ぎを見るとビックリするかな?
e0107616_20582663.jpg

落ち葉のカーペットが綺麗なのでパチリ。日本に住んでいた時はこんな感性持ってなかったんだけど、田舎暮らしが長くなると感性も豊かになるようです。 紅葉が進むと言う事は、寒暖の差が激しくなってきたのかな。最近は朝は5℃位で日中でも15℃位です。
e0107616_20583859.jpg

歩道はどんぐりが沢山落ちています。これを山ほど拾いに来る人達がいるけど何に使うんだろう? うっかりしていると、コロンと滑って転んでしまいそうで危ない。車道にも沢山落ちているので、踏んづけながら運転すると、パツパツ音がしてストレス解消になります!
e0107616_20585162.jpg

そして、約20分のウォーキングの後、炭酸水を飲みながら仕事に復帰すると、脳にも酸素が十二分に行き渡り、気分もリフレッシュして効率良く仕事が出来るような気がします。
by samu222_arphard | 2008-10-21 04:32 | オランダの生活

リベンジ 2008.10.12

今日も先ず先ずの天気なので、バスに乗って20分掛けてA'damの空港まで行き、
e0107616_17534290.jpg

空港から、人に聞きながらNS(オランダの国鉄)に乗って約30分掛かけて駅に到着、
e0107616_17535473.jpg

駅から歩いて15分、その後また2時間待たされて、その間少し疑問に感じながら… 
e0107616_1756057.jpg

ガイドツアーに参加し、465段の階段を一歩一歩登り、ようやく辿り着いた場所がここです!
ジャーン、眼下には街の大パノラマが待っていました。昨日登れなかったユトレヒトのドム塔です。どうしても写真が撮りたかったので一人で来ちゃいました。ドム塔はオランダ第4の都市、ユトレヒトの旧市街の中心にそびえ建つゴシック様式の塔です。
e0107616_1835728.jpg

1321年から1382年にかけて建造され、鏡楼からは今も清らかなカリヨンの音色が響いています。1579年、7つの州がスペイン統治へ抵抗することを決意しユトレヒト同盟が結成。これがオランダ共和国の始まりだそうです。今でも中世の街並みが残っていますが、お菓子の家みたいですね。意外と幅が狭く奥に長い家が連なっている事が判ります。
e0107616_21444456.jpg

街のどこからでも見えるランドマーク的存在で、112mの高さは教会の塔としてはオランダ最高です。何とかは高い所に登りたがると言いますが、ドム(Dom)と言うのはオランダ語で『アホ』と言う意味もありますので!? まあ目標達成と言う事で良しとしましょう。
e0107616_22502765.jpg

いつも通勤で通っているユトレヒトも、バスと電車を乗り継いで来るとまた違った趣があります。写真で見える一番高い所まで自力でトコトコ登ったんですよ。オランダには山が無いので、教会を登る事で山登りに似た達成感と充実感を味わう事が出来ました。
by samu222_arphard | 2008-10-17 04:15 | オランダの街

ユトレヒト 2008.10.11

今日はユトレヒトに買い物に来ました。家からは45km位ですが、新しい道路が次々出来ていてカーナビ情報が古くなり、迷いに迷って1時間以上掛かってしまいました。

通勤では車で毎日通っていますが、街の中は久しぶりに来ました。今日は天気が良いので、オランダで一番高いドム塔から街を見下ろす写真を撮ろうと決意しましたが。
e0107616_1364588.jpg

その前にオルゴール博物館があったので、入ってみました。これはオランダのストリート・オルガン。お伽の国の物語のような装飾で、人形は実際にタクトを振ったり、鐘をたたいたり、ウキウキするような音色で、街でよく見かけます。いつまで見ても飽きません。
e0107616_1365872.jpg

建物の中は教会のようなゴシック建築で出来ています。この中にストリートオルガンや、数々のオルゴールが展示されています。ガイドツアーで回ると実際の音色が聞けます。赤い絨毯に見えるのは、ミュージックロール(音符を記録した紙)を模したものです。
e0107616_1371181.jpg

ユトレヒトは運河沿いに、カフェやショップなどが並び、買い物にもうってつけの場所です。ブルーナハウス(ミッフィー)の博物館もありますが、今日は時間が無いのでパス。
e0107616_1372453.jpg

今日は天気が良いため多くの人で賑わっていました。昼食のカフェはどこも混んでいて入れなかったので、今日はピザの立ち食い。立ち食い、歩き食いはヨーロッパでは普通。僕らはあまりやりませんが、おしゃれな人たちも平気で歩きながらパン等を食べています。
e0107616_1373648.jpg

腹ごしらえをしたので、ドム塔に登ろうとチケット売り場へ行きましたが、これも混んでいて予約が取れませんでした。お姉さんに色々頼みましたが、オランダに住んでいるならまた今度来てね。とニコッと言われて諦めました。日本からわざわざ来たと言えば良かった!
e0107616_1374893.jpg

結局目的のドム塔には登れませんでしたが、また今度天気の良い日に再チャレンジします。しかし今日も1日天気に恵まれ、心地良い秋の時間を過ごしました。
by samu222_arphard | 2008-10-15 02:49 | オランダの街

秋休みの試練 2008.10.10

下の娘は1週間の秋休み中、毎日家にいても勿体無いので、同僚にお願いして1日彼の家で預かってもらいました。ミニ・ホームステイです。奥さんとは何度も会っていて娘も顔見知りでしたが、オランダの家庭で1人で過ごす娘にとっては、人生最大の試練です!?

いつもオランダの人達と会う時は家族で合うので、下っ端としてあまり主体的に話す事はありませんが、今回は正真正銘の1人で、逃げ場がありません。普段英語やオランダ語を使う機会が少ないので、きっと良い経験になると思います。やれば出来るの親心です。

朝7時に会社近くの同僚の家に送り届け、夕方5時に迎えに行くまで、近くの動物公園まで散歩に行ったり、一緒に買い物に行ったり、ランチを食べたり、また奥さんが芸術が好きなので、キャンバスに絵を描いたり、ビーズを作ったりと楽しく過ごしたようです。また自分で用意した折り紙やマンガなどで、日本の文化なども紹介したようです。

迎えに行くと、助かったと言う顔するのかな?何て思っていましたが、割とケロッとして2人で妙に馴染んでいました。奥さんに 『慣れない事頼んで疲れたしょ?』 と聞くと、『そうでもなかったわよ。オランダ語は、割とよく理解できているみたい』 と言ってくれました。娘の感想は 『始めは緊張していたけど、とても楽しかったし、頑張って話しする事ができたよ。また今度行きたいな』 とポジティブなもので、私の思いは取り越し苦労でした。

娘にとっても、英語やオランダ語は学校の教科としてばかりでなく、コミュニケーションの道具だと言う事が少し理解できたかなと思います。伝えたくても伝わらないもどかしさ等も、感じたようです。最後に娘から 『パパやお姉ちゃんはオランダの人や、外国の人の中で仕事や勉強をしていて大変だね』 と娘に言われ今回企画して良かったと実感しました。
e0107616_1240360.jpg

by samu222_arphard | 2008-10-12 12:27 | オランダの生活

世界同時金融危機 2008.10.08

少し真面目な話を… 会社への通勤の行き帰り、イギリスのBBCワールドニュースを聞いていますが、最近はもっぱら世界の深刻な金融不安のニュースばかりです。日本の株安のニュースも度々登場しますが、今日はトップニュースで、日本のニッケイ平均株価が昨日に比べて9.4%急落したと報道されていました。この先どうなるかが心配な所です。

ヨーロッパでもついこの間まで、1ユーロが169円だったのが、現在136円台まで急落したし、ベネルクスの3ヵ国の政府は、株価低迷による経営難に陥っていたベルギー・オランダの大手金融機関フォルティスを買収すると言う事です。 また世界株価指数の下落率の上位は、今まで経済を牽引していた新興国のインド、ロシア、中国などで他の国も然りです。

アメリカから端を発した金融危機が、世界全体に広がっている事を実感します。同僚からは日本での預金の保護はどうなっているのか?と聞かれましたが、ドイツでは銀行が倒産した場合、預金の100%保護、オランダも高い金額が保証されていると言う事です。

私は的を射た答えを出す事は出来ませんでしたが、こちらの人達は日本のように、銀行や他の金融商品の利息などが安くないために、いろいろな形で運用している人が多く、この手のニュースには敏感で、預金を分散したり株を売ったりしているようです。

世の中物騒な雰囲気が漂ってきますが、我々の仕事においても当然影響は必至で、アンテナをしっかりと張って、正確な情報をキャッチして最善を尽くすしかありません。奇しくも娘の社会の宿題を手伝っていますが、1920年代のアメリカの好景気から、後半の世界恐々へと向っていく場面です。何か今の状況と似てないか?そうならないように祈ります。
by samu222_arphard | 2008-10-09 04:18 | オランダの生活

デン・ボッシュ 2008.10.04

オランダの南部に位置するデン・ボッシュに行ってきました。家からは南に100km、約1時間10分のドライブです。この街はノールド・ブラバンド州の州都で大きな街ですが、日本のガイドブックには載っていません。地図などの名称は「's-Hertogenbosch(スヘルトゲンボッシュ)」です。アムステルダムとは違った雰囲気の好きな街の一つです。

土曜日のマルクト広場は大きな市場が並び活気があります。オランダはどこの街に行っても同じ種類の店ばかりですが、この街は見た事が無い店も沢山あります。ちなみにH&Mはオランダではどこでもあり、銀座であんな騒ぎになるとは… 御見それ致しました。
e0107616_19564786.jpg

これはとても大きな聖ヤンス教会です。写真を撮ろうと思いましたが、遠くからでは木が邪魔になり、裏からは修繕中、近くからは大きすぎて入りませんでした。以前、ミニチュア・マドローダムで模型を見ましたが、オランダの中では大きい教会です。
e0107616_1957325.jpg

街をゆっくりと見たいところですが、何しろ寒くてカフェに逃げ込みました。本当は家の近くに行き付けのカフェ(日本で言う居酒屋)があれば良いんだけど、僕の街には何故か少ないんだよなー。そうすればもっと英語やオランダ語を実戦で覚えられるんだけど…
e0107616_19571617.jpg

カフェの外では寒い中お姉さん達が、オレンジ色の毛布に包まって座っています。今年の7月からオランダではレストランでは全面禁煙になったので、外でタバコを吸っているのです。オランダ名物?コーヒーショップでも、大麻は良くてもタバコは駄目だそうですよ!?
e0107616_19572865.jpg

この街は歴史的な建物と、新しい建物が同居している魅力ある街でした。ガイドブックやネットで検索してもあまり情報がありませんが、他にも観光名所や博物館などあるはずです。今度は観光案内所のVVVで情報収集してみます。
e0107616_1957396.jpg

by samu222_arphard | 2008-10-09 03:57 | オランダの街