<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マルタ旅行 マルタ島へ上陸 2008.07.23

マルタへはA'damからAIR MALTAの直行便で約3時間、12:05発が40分遅れての出発となりました。3日前に仕事で滞在したイタリアの島を右に見ながらマルタへ到着、スチワーデスの人もそうでしたが、マルタの人はフェニキア、アラブ、ローマの人たちの血が混ざっているため、エキゾチックな顔立ちで魅力的、空港は南国の太陽が照り付けて暑い!
e0107616_13474125.jpg

タクシーでホテルに直行、料金は目的地により決められていて、イカサマ無しの明朗会計。マルタの公用語はマルタ語と英語ですが、運ちゃんの英語は訛りが強くて所々ワカリマセンでした。ホテルへは17時頃到着、早速チェックインして部屋に入るとジャーン!
e0107616_13444862.jpg

地中海が一望できる最上階のオーシャンビューで感激、しばし海を眺めてましたが碧い海が目に沁みます。このホテルはスリーマと言う場所にあり、早速近くを散策する事に。この地区は買い物や海水浴に適した場所で観光船なども多く停泊していて景観は最高!この写真はスリーマの港から撮ったヴァレッタの街並み、世界遺産に登録されています。
e0107616_1345329.jpg

港のカフェでビールを頼んでビックリ、何と1杯€1.3とオランダの半額!今まで物価の安い国に行った事が無かったので大満足。その後海沿いを散歩してホテルのプールを見たりした後、地中海料理レストランへのディナーが19:30、海を間近に見ながら地元のビールにワイン、前菜はエビのカクテルとスパゲティーマリナーラ、メインはタコのマリナーラ、鯛の尾頭付等久しぶりのシーフードをたっぷりと時間を掛けて堪能しました。
e0107616_13451670.jpg

少々食べ過ぎたので海沿いを暫く歩きましたが、夜10:30でも大勢の人で賑わっています。昼間の暑さが嘘の様に快適な気温でした。海岸沿いにはKioskが何軒もあり、夜の海を見ながら観光客もマルチーズ(マルタの人)もドリンクを楽しんでいました。
e0107616_13453093.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-30 05:05 | ヨーロッパの旅行

マルタ旅行 プロローグ 2008.07.29

夏休みを利用してマルタ共和国(マルタ)に行ってきました。マルタは地中海のほぼ真ん中に位置するミニ国家の一つで、オランダからは南に約2000km、今回は子供抜きでゆっくりとする事を目的に、マルタ島とゴゾ島の2つの島に5泊6日で滞在しました。

全体を通しての感想は、海と空が綺麗だった、街全体がマルタストーンと呼ばれる石で出来ていて蜂蜜色だった、暑かった、運転が荒っぽかった、物価が安かった、ゆっくり過ごせた、ハプニング満載だった、いろいろな国の人と会話が出来たことなどでしょうか。

これから思い出深いマルタの旅行記を、写真とともに少しずつアップして行きます。
e0107616_14222593.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-29 14:22 | ヨーロッパの旅行

親はと言うと… 2008.07.23

子供達が日本へと旅立って行った後、ガランとした家で我々は 『今頃子供達は飛行機で何をしているのかな?』 等考えながらションボリしているかと思いきや…

今日から約1週間、イタリアの南に位置する地中海の島、マルタ共和国に休暇で出かける準備をあたふたとしています。本当はもう少し遅く休暇を取りたかったのですが、会社の同僚達が一番美味しい場所で休暇を取るので、ダブらないように少し早くしました。

今回は子供立ち抜きの旅行なので奮発して、海の直ぐ近くの☆☆☆☆☆ホテルを予約、ゆっくりリゾートを決め込もうと思っています。オランダは梅雨寒のような冴えない天気ですが、もう直ぐオサラバして夏の雰囲気を満喫してきます。

おっ 子供達も無事に日本に到着したようです。それでは安心して行って来ます!
by samu222_arphard | 2008-07-23 14:39 | ヨーロッパの旅行

忙しい日々 2008.07.22

先週は3泊4日でヨーロッパ各国の代表者が集まる会議がイタリアであり、日本を含む11ヶ国からの人達が集まり盛大に行われました。英語を母国語とする国はイギリスだけですが、どこの国の人達もそれぞれクセがありますが、上手に英語を話しプレッシャーです。

英語でのプレゼンの準備は大変でしたが、結果満足のいく会議にする事が出来ました。ランチやディナーでの交流も大変有意義なものになり、数年前には考えられなかった外国人との世界がここにあり、何だか不思議な感じでしたが、英語の上達を実感したかも…

そしてイタリアでの会議を終え日曜日にオランダに戻り、その夜は日本からのVIPとの会食、月曜日は出張で溜まったメールの処理や、VIPとの会議などで大忙しでしたが、長丁場の山を越え、久しぶりの充実感です。こういう緊迫した雰囲気の仕事は大好きです!

そして今夜はいよいよ日本への子供達の冒険の始まりで、昼過ぎから娘達は大興奮で日本行きを楽しみにしています。初めての子供達だけの旅行で少しセンチになると思ってましたが、最後まで明るく楽しみに出掛けて行きました。オランダ行きが決まった時もそうでしたが、彼女達はいつでもポジティブに物を考え、親としても見習う事が多々あります。

子供達と空港で別れて帰った家は、ガランとして静かな感じです。そう言えば子供達が3週間も居ない生活など、初めての事なので親としても戸惑いますが、後10年もすると子供達は巣立っていってこうなるんでしょうが… 親のほうが試練なのかも知れません。

子供達は自力で空港カウンタでチェックイン、口を出したい所ですが、我慢我慢
e0107616_3493083.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-23 05:09 | ヨーロッパの旅行

子供達のアドベンチャー 2008.07.15

来週から夏休みを利用して2年と4ヶ月ぶりに、子供達だけで3週間日本に帰国します。家族みんなで夏休みの過ごし方を話して決めました。折角行く日本なので、私としては夏休みの課外授業とも位置づけています。子供達だけで12時間の旅は心配ですが、出国から飛行機に搭乗するまで担当者が見てくれるJALのサービスを頼みました。

子供達はそんなサービス必要ない、KLMで行きたいと不満でしたが、初めての大きな冒険なので、親の身になるとそうは行きません。面白い物で、上のお姉ちゃんは基本的にはしっかりですが、大事な時にボケる事も、下の娘は初めての親抜きの旅で少し不安そうですが、案外しっかり物。どんな旅になる事やら、オランダの同僚は、子供だけでそんな無茶な!と心配していますが、『可愛い子には旅をさせよ』 で良い経験になると思います。

日本では両方の実家にお世話になるので心配していませんが、今から日本の皆に会う事、日本食、お風呂、友達に会う事、買い物に行く事などをとても楽しみにしています。日本は暑くて大変でしょうが、是非充実した思い出に残る滞在になればと思っています。

親として思う事は、子供の時に2年以上日本を離れているブランクは大きいと思うし、日本人とのコミュニケーションが少なく、服装や振舞いも西欧化しているのは感じます。今回は日本人としてのアイデンティティー、友達と会い同年代がどういう事を考え話し、どういう生活をしているか、日本の良い所、悪い所、日本から見たオランダ、ヨーロッパ、親と離れて思う事、祖父母の生活などを漠然とでも、肌で感じて来て欲しいと思っています。

日本から帰ってきて空港で迎える時には、真っ黒に日焼けして、一周り逞しくなった子供達のたくさんの思い出話を聞く事を、今から楽しみにしています。
by samu222_arphard | 2008-07-16 04:55 | オランダの生活

スケーヘニンゲン 2008.07.13

良くない天気の合間を縫って、デン・ハーグの近くのスケーヘニンゲンの海に、日帰りリゾートに行ってきました。朝9時に家を出発し、車で40分程で到着です。天気予報では良くない天気でしたが、予想が外れて朝から晴れ。駐車場も余裕で停められました。
e0107616_1247105.jpg

海岸沿いにはこのような、リゾートの雰囲気たっぷりのカフェがズラリと並んでいます。私は1人でカメラ背負って1時間20分、写真を撮りながら海沿いをウォーク、爽快です。
e0107616_2340383.jpg

その間、子供達は砂浜に寝そべって、日向ぼっこしながら本を読んでいました。気温は20度で寒くも無く暑くも無く。しかし7月だというのに夏はまだ来ません、それとも来ない?
e0107616_23405261.jpg

ウォーキングの後、我々はカフェでビールを飲んで、カミサンハ読書、私は隣に座った現地の人と話をしたり、昼寝をしたり。いつもの通りゆっくりとした時間を過ごしました。
e0107616_23455271.jpg

昼食は別のカフェでこんな感じです。私はオランダ名物パンの上にチーズ、ハム、玉子3個載ったアウトシュマイテル€6.5です。夕方3時、雲が出てきたので退散しました。
e0107616_23461059.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-14 04:25 | ヨーロッパの写真

巻き寿司作り 2008.07.12

昨日は赴任当時から、オランダの生活の仕方などを親切に教えてもらっている方を招待して、巻き寿司作りを体験してもらいました。何度かお互いの家を行き来して日本の文化や日本食を紹介したり、オランダの文化なども教えてもらっています。

最近は日本の文化にハマっているようで、日本に行ってみたいと言う願望を持っているようですが、何せ航空運賃なども高くて夢のまた夢だと言っています。私の家には日本の文化が沢山あるので、せめて日本の雰囲気や文化に触れてもらえれば…

カミサンが煮たかんぴょう、卵焼き、キュウリ、カニカマで太巻き、新鮮な魚屋さんで手に入れたマグロで鉄火巻き作りなどを挑戦。妹さんも上手くできました。
e0107616_14294447.jpg

お姉ちゃんは初めて食べるソバに苦戦していましたが、味は美味しかったようです。その他にサラダや餃子、日本のゼリーなど日本食は美味しかったようです。
e0107616_1430046.jpg

オランダの人達と話す中で、日本の文化の素晴らしさなど、改めて感じる事もあります。今週は娘の友達が遊びに来たり、家の前の叔父さんからも、今度寿司の作り方を教えてと頼まれています。西欧とは全く違う日本の文化を少しでも紹介できたらと思っています。
by samu222_arphard | 2008-07-13 15:04 | オランダの生活

世界最大の飛行機 2008.07.11

仕事の後英語のレッスンを受け、その後家に帰りワインを飲まずにご飯を食べて、夜の9時頃カメラを背負って、スキポール空港まで出かけてきました。どうしてかと言うと、

『世界最大の飛行機がスキポール空港に緊急着陸』 と言う記事を見つけたからです。

~世界最大の飛行機アントノフAN-225が日曜日夜、ウクライナのキエフからスキポール空港に緊急着陸した。この飛行機は月曜日夜に、韓国の仁川空港に向かって離陸する予定だった。しかし機材の故障により、このまま飛行を継続するのが不可能となった。

この飛行機がスキポールに着陸したのはこれが2度目。昨年のクリスマスには航空機ファンが押し寄せた。今回も道路から垣間見ることができるという。 今回は韓国向けに150トンの石油掘削機器を積んでいるという。 ~

この飛行機は世界最重量(600t)、2機製造されましたが、1機しか完成せず現在は世界で唯一の飛行機です。ソ連時代にソ連版スペースシャトル「ブラン」を搭載するため開発されましたが、ソ連崩壊に伴い、1回しかそれを運ぶことは無かったそうです。

特徴はエンジンが6機、さらに、搭載した「ブラン」によって生ずる後流の影響を小さくするために尾翼をH字型の双尾翼としている点です。仮に旅客機に転用した場合は1,500人から2,000人程度を収容できるほどの容積があると言います。

道路脇に車をサッと止めて写真を撮りました。薄らデカくて不気味な感じさえしますが、思ったよりも古臭くありません。間近で見ることが出来て感激です。
e0107616_4193819.jpg

近くにジャンボ機でもあれば大きさが判るのですが、世界で1機しかないと言うことと、旧ソ連製という事で神秘的な感じがします。滅多にお目にかかれないものを見ました。
e0107616_4192589.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-12 04:01 | オランダのニュース

ノールド・バイク (Noord wijk) 2008.07.08

日曜日、子供達が海に行きたいと言うので、先週行ったカットバイクの近くノールド・バイクの海に遊びに来ました。家からは40km、約30分のドライブで、朝10時に到着しました。ここの海は初めて来ましたが、高級なホテルなどあり、少しリッチな感じです。

気温は18℃で涼しい位の天気で、泳ぐ事はできません。子供達は無邪気に、砂浜で自分の名前の字を大きく書いたり、膝まで海に浸かったりして大喜び。海岸線は綺麗な砂浜で、散歩をする人や、凧をあげる人、日光浴をする人など楽しみ方は様々です。
e0107616_3341295.jpg

親は海が見える洒落たカフェでワインやコーヒーを飲みながら、本を読んだり海を眺めたりしてゆっくり寛いだ時間を過ごしました。こう言う休日の過ごし方が実はリッチな時間の使い方なのだと、ヨーロッパの人達から教わりました。しばし気分はヨーロピアン。
e0107616_3343081.jpg

子供達は自分達が入るほどの穴を掘っている最中なので、我々は海岸を散歩しました。ズラリと高級ホテルやレストランが並んでいます。気温が高ければ外のカフェのはしごでも良いのですが、少し涼しくて外に座っていると寒い位で、商売は上がったりのようです。
e0107616_334468.jpg

海岸沿いを馬でのんびりと、良い絵になります。お昼はカフェでスープとサンドィッチを食べましたが、この海岸はドイツの観光客が大勢で、メニューもドイツ語が併記されています。ドイツ語は英語とオランダ語の中間 (実はオランダ語が英語とドイツ語の中間?)なので、ドイツ語でもメニュー位は、何となく判るようになって来ました。面白い発見です。
e0107616_335361.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-10 02:31 | オランダの街

ガソリンの価格 2008.07.07

現在イギリスのBBCでは、洞爺湖サミットで行われているG8がトップニュースで報じられており、地球温暖化の問題、アフリカの食料不足、原油価格高騰の問題が世界的な規模の問題だと実感できます。日本ではガソリンの価格が、180円/Lにもなると言う事、私が日本を離れる2年半前は、137円/Lだから凄い額の値上げだという事が判ります。

一方オランダのガソリン価格はと言うと、下の写真の様になります。もちろんユーロ表示で、一番上の金額が普通のガソリンの値段、下から2番目が僕が使っているディーゼルの値段です。今日時点で1ユーロは168.5円なので、円に換算すると、ガソリンの値段は279円/L,ディーゼルが244円/Lとなります。日本と比べると、凄まじく高いです。

最近はユーロを円に換算しないので、あまり驚きませんでしたが、改めて考えると凄い額です。ヨーロッパでガソリンの価格が一番高いのが、オランダだそうです。最近少し車が空いているように感じるのは、ホリデーばかりでなく、この理由からもでしょうか?オランダの人達は多分自転車で通うから問題は少ないと思いますが… 何とかして欲しいものです。
e0107616_1273293.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-08 05:04 | オランダの雑学