<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

春のホリデー 2008.04.30

日本はゴールデン・ウィークの真っ盛りですが、オランダでも4/30~5/5まで子供達(日本人学校を除く)は2週間の春のホリデーです。そして今日4/30はは前女王ユリアナさんの誕生日で、家には国旗を掲げ国中がお祝いのために、オレンジ一色に染まります。
e0107616_20403683.jpg

またこの日に限り無許可で路上で物を売って良く、街全体がフリーマーケットとなり縁日の賑わいを見せます。去年は我々も参加しましたが、今年は見る方に徹しました。天気は晴れたり雨が降ったりと,、出展している人達にとっては生憎の天気ですが皆うれしそう。
e0107616_20405314.jpg

オレンジはオランダの王家オラニエ家に由来しています。オランダ人はこのロイヤル・カラーが大好きです。オランダのサッカーチームもオレンジ色のユニフォームです。
e0107616_20411241.jpg

子供達もこの時とばかりに、使わなくなったオモチャや本などを持ち寄り、路上で売ったり、得意な笛を吹いたり、パフォーマンスを演じたりして、オヒネリをもらっていました。
e0107616_20413140.jpg

我々はこの春のホリデーに、フランスのディズニーランド、パリ市内、ヴェルサイユ宮殿に久しぶりの遠出の旅行です。どんなハプニングが待っている事やら、楽しみです。
by samu222_arphard | 2008-04-30 21:10 | オランダの生活

見つかったカメラ 2008.04.27

キューケンホフ公園で、下の娘が自分で写真が撮りたいと言うので、デジカメを貸していたら、公園内の何処かに落としてしまったらしい。一応みんなで歩いて来た道を探したが、見つからない。天気も良く花も綺麗なのに、娘の顔は冴えない。失くしたものはしょうがないと言い聞かすが、泣きべそをかき始めたので、一応案内所に行ってみる事にした。

園内の案内所の女性に相談すると、『折角綺麗な公園に着たのに残念ね』 と言って、見つかったら連絡してくれると言ってくれました。日本ではこの手の遺失物を預かるシステムがあるが、オランダでは、①公園のどこかで誰かが見つける、②近くの係りの人に届ける、③係りの人が入り口、のインフォメーションに届ける、④係りの人が私の携帯に連絡するなどと言う、長いプロセスがあり、正直言って当てに出来ないと思っていました。

ところが、昼食をレストランで食べていると私の携帯電話が鳴り、カメラが見つかったので、入り口の案内所まで取りに来てとの事。娘の顔も急に輝き、急いで行ってみると、そこには失くしたカメラがありました。風車の近くに落ちていたそうで、誰かが近くのお土産屋さんに届けてくれたそうです。どうやら子供がサマーベットに寝転んで遊んでいる内に、落としてしまったようです。お礼を言ってカメラを受取り、子供にもまた笑顔が戻りました。

カメラが戻った事も去ることながら、失くしてから3時間ほどで長いプロセスを経て、カメラが届けられたことに感動しました。普段、仕事では応用が利かないとか、自分の決められた仕事しかしない等と思っていましたが、ここにカメラが届けられるまでの見事な連携プレイ、オランダの皆さん疑ってゴメンナサイ、そしてカメラを見つけてくれてありがとう。良い天気と花の美しさばかりではなく、久しぶりに気分が良い1日になりました。

カメラを受取った直後、落っことしたカメラで晴れ晴れした顔を撮りました。スッキリ!
e0107616_20453577.jpg

by samu222_arphard | 2008-04-30 03:50 | オランダの生活

花尽くしの週末 2008.04.27

昨日の花のパレードは、お姉ちゃんが補習校で見ることが出来なかったので、その代わりにキューケンホフ公園にまた行ってきました。前回の花の咲き具合は30%位でしたが、今日は満開で、世界中からの観光客で賑わっていました。
e0107616_321884.jpg

結果的に今週末は花尽くしになりましたが、綺麗な庭を見て心が洗われる気がします。
e0107616_3214593.jpg

花で作られた川、紫はムスカリ、白は水仙、赤はチューリップでできています。
e0107616_3222172.jpg

100種類450万本のチューリップがあり、1輪だけの写真を撮るのは大変です。
e0107616_3225575.jpg

朝一番に来て空いているうちに園内を周り写真を撮りました。2時間もすると人・人・人…
e0107616_3232341.jpg

今週末は天候にも恵まれ、オランダに来ている観光客の人たちも、花の国オランダを堪能できたと思います。我々にとっても、長い冬を我慢してきた、ご褒美のように思える、素晴らしい花畑でした。一通り写真を撮った後はカフェでのんびり日光浴。至福の時間でした。
by samu222_arphard | 2008-04-28 01:41 | オランダの生活

花のパレード 2008.04.26

今日はキューケンホフ公園の近くのリッセという街に、オランダの春を告げるイベント、花のパレードを見に行きました。気温は20℃天気が良くお出かけ日和、途中の主要道路は、キューケンホフ公園に行くドイツやベルギーなど他国の車も含めて大渋滞です。

このパレードは例年だと春と秋の2回行われていましたが、今年からこの1回のみとなってしまいました。場所を確保し待つ事40分、ようやくブラスバンドがやってきました。
e0107616_39837.jpg

カラフルな花で飾られた山車が登場!全てが本物の球根花で飾らゴージャス!
e0107616_393380.jpg

この飾りの一つ一つがカラフルなヒヤシンスやチューリップなどで飾られ、華やかな山車が通るたびに、花のいい匂いが当たり一面伝わってきます。
e0107616_395117.jpg

このような山車が約20台、見るほうもパレードする方も楽しんでいます。手間隙かけて作った山車なのにたった1日とはもったいない事ですが、さすが花の国オランダです。
e0107616_310740.jpg

パレードは1日かけて北海沿岸地方を40kmの距離を進みます。込んでいて疲れましたが、天気にも恵まれ、春を告げるイベントを十分に堪能する事ができました。
e0107616_4232293.jpg

by samu222_arphard | 2008-04-27 03:14 | オランダの生活

ミュージアム・トラム 2008.04.21

家の近くを走るミュージアム・トラムに乗ってきました。このトラムは春から10月までの期間限定で運行するトラムで、ミュージアム行きのトラムという訳では無く、トラムそのものがミュージアムなんです。我が街から A'dam のオリンピック競技上の近くまで、日曜日と水曜日に片道約30分、民家やいつもの森林沿いをのんびりと走ります。

この5~6種類の古いトラムがあり、この車両は1949年までA'damを走っていた物を、ボランティアの人達が復元したそうです。車掌さんも親切にいろいろ説明してくれます。
e0107616_0135468.jpg

電車の内装はノスタルジックな木で出来ています。つり革や電球もレトロな作りで、好きな人にはたまらないでしょう。遠くからもこのトラム目当てに来ている人もいました。
e0107616_17425141.jpg

ここはボス公園にある大きな池。車窓からは、こんなのどかな景色が続きます。単線なので対向車両を待っている間は、外に出て写真を撮ったり、おしゃべりをしたり。
e0107616_0143599.jpg

窓ガラスに貼っている広告や、降りる時に押すボタンもこんな感じで、昔を忍ばせます。
e0107616_0225223.jpg

終点の駅はカフェになっていて、のんびりとレトロなトラムが次々到着するのを見ながらビールです。ここはトラム博物館になっていて、古い写真なども見ることが出来ます。
e0107616_1759284.jpg

アムステルダムなどでは我々の足として欠かせないトラム、新しい車両が網の目のように走っていますが、たまには時間を気にせず、のんびりとレトロなトラムに揺られてみるのも、いいものでした。料金は大人往復 €4 とリーズナブルです。
by samu222_arphard | 2008-04-26 18:17 | オランダの生活

フォーレンダム 2008.04.20

先日フォーレンダム (Volendam) という小さな港町に行ってきました。家からは北に40km、約40分の道のりです。海に面したメインストリートには、お土産屋さんやレストランが立ち並び、細い路地には小さいおもちゃのようなレンガの家並みがあります。偶然立ち寄った街ですが、風情があり次は夏の夕涼みに来るのが良さそうな場所です。
e0107616_0453059.jpg

伝統的なオランダ民族衣装で有名なフォーレンダムには、民族衣装を着て写真をとることのできる写真館がいくつかあります。お土産物屋のおばさんやお姉さんはこのような格好をしているのですが、写真を撮っていいか聞くのが恥ずかしかったので看板を取りました。
e0107616_0454612.jpg

このような小さなお店が軒を連ねて並び、色々な国からくろ観光客で賑わっていました。地元のフットボールチーム、フォーレンダムFC(オランダ2部)のファンが昼間からビアホールで大賑わい、1部昇格か優勝でもしたかのような街の賑わいでした。
e0107616_046229.jpg

お土産屋さんの一角に、魚を食べさせる屋台が出ていて賑わっていました。オランダ名物ハーリング(ニシンの塩漬け)を食べてみましたが、もちろん椅子なんかありません、立って豪快に食べるのがダッチスタイル、刺身のような食感で、とても美味しかったです。
e0107616_0461835.jpg

向かい側の島、マルケン島へ行く観光船の案内をするマドロス(船乗り)風のおじいちゃん。クールで粋でしたが、少し肌寒いせいかお客さんの乗船はイマイチだったようです。
e0107616_323104.jpg

観光客はたくさんいましたが、街はこじんまりとしていて、地元の人達は顔見知りで気さくに逢うと話をしていました。こんな小さな港町に住むのも何かいい感じです。
by samu222_arphard | 2008-04-21 00:43 | オランダの街

英語の先生の話 2008.04.21

昨日は英語の授業で先生の家に行った所、玄関先に出てきた先生はビックリ。今日来るとは思わなかったという事で、どうやら連絡をミスったようです。授業の準備をしていないと、焦っていたので、「今日は中止、中止!(笑)雑談して帰るから』と言うと安心したよう。

そうすると突然、「チャイニーズ・キューカンバって何の事か知ってる?」「いや判んないけど… 何で?」と聞くと、新聞の切抜きを出してきて、通訳募集中の記事を見せてくれました。それを見て、どうも英蘭の通訳の勉強をしてみたくなったそうです。そのプロセスの中で、そのチャイニーズキューカンバが出てきて、パニックになっていたようです。

後で調べると、苦瓜、ゴーヤがそれに当たることが判りました。まあ、通訳の仕事でゴーやが出てくるかどうか判りませんが、何せ語学に関しては完ぺき主義者の先生、英語の授業でも自分が判らない英語の言葉が出てくると「カモン、カモン 何でこれが判らないの?」と一人でパニック状態に。何せオックスフォード出身の女史なもので…

それにしても50歳を半ばにして勉強心旺盛な先生、この間も日本の文化や言葉を英語で紹介する本を贈呈したら、次の週の授業には「コンニチハ」「ドウイタシマシテ」と語学の感覚は抜群です。私も先生を見習って、勉強に勤しまなければなりません。

まあそんな話や、日本出張の事、娘の学校の事、最近の出来事などを授業抜きで1時間ほど話しましたが、こうしてリラックスして話をすると、スラスラと英語が出てくるのを自分でも感じます。まあ授業では厳しい時もありますが、会社の人には聞けない事情なども何でも気軽に聞く事が出来るので、とても頼りにしています。

最近は日本の事にも興味が出てきた先生、オランダ語の新聞に出ている日本の記事を見せてこれって本当なの?どうしてなの?と追求されますが、時として困ってしまいます。その内容が「働きすぎによる過労死」や「ペットの犬に洋服を着せている日本人」の事など、どう説明してもヨーロッパの人達には、到底理解出来ないと思いますが…
by samu222_arphard | 2008-04-21 00:00 | オランダの人

キューケンホフ公園 2008.04.17

毎年春先の2ヶ月間しか開園しないキューケンホフ公園に行きました。家からは35km、約30分の道のりです。早いものでこの公園を訪れるのも3回目になりました。広大な園内にチューリップ、ヒヤシンス、水仙など春の球根花が咲き乱れている、筈だったのですが今年は寒かったため、チューリップの咲きは30%位の様です。
e0107616_1872216.jpg

このような綺麗な花を見ると、ようやく暗く寒く長い冬が終わったことを実感します。普段は特に花が好きなわけではありませんが、ここの公園を訪れることは毎年楽しみで、美しさは感動をも覚えます。本当はポカポカ陽気ならいいのですが、まだ少し肌寒いです。
e0107616_1865844.jpg

観光案内によると、世界中で一番写真が撮られている場所だとか。駐車場の車のナンバーもベルギー、ドイツ、フランス、イギリスなど様々な車があり、観光バスでは中国、インドそして日本の観光客も多く見かけ、園内は大混雑でした。
e0107616_1873896.jpg

王室お墨付きの業者が、最高の品質の最も美しい花を展示するために、装飾的な植物の栽培と、多種多様な球根花を中心とした世界最大規模の展示をしています。アイディアに富んだ花の展示を見ることができるのは、世界中でもここだけだそうです。
e0107616_1861120.jpg

観光案内によると、100種類450万本のチューリップ、700万株の球根花が手作業で植えられているそうです。この写真のように彫刻などとの調和も面白いです。
e0107616_4355886.jpg

e0107616_33233100.jpg

2週間後くらいが見頃のようなので、春を満喫しに、また来て見たいと思います。
by samu222_arphard | 2008-04-19 18:08 | オランダの生活

ロードバイクシーズン開幕 2008.04.13

2008年ロードバイクのシーズン開幕です。と言っても日曜日にチュ-リップで有名なキューケンホフ公園に行こうと思ったのですが、娘の勉強が忙しい様で、仕方なく1人で自転車を乗りに行っただけですけど… でも久しぶりのロードバイクは気分が良かったです。

先ずは、いつものアムステル川沿いのサイクリングロードを慎重に走ります。久しぶりに乗るので、慣れるまでは無理をしないようにゆっくりと流します。まだ気温は7℃で風が冷たいですが、風を切ってアウデケルクの街辺りまで走ると、体が温まってきます。
e0107616_2394426.jpg

今日は気分を変えて、アヤックス・スタジアムまで行ってみます。ここはアムスっ子達の大人気のサッカーチーム、アヤックスのホームグラウンドです。以前、格闘技でボブ・サップが逃げ出した場所としても有名です。近くにあるスポーツ店なども充実しています。
e0107616_2310049.jpg

再びアムステル川に戻り、アムステルダムとは反対方向に走ります。ここはアムステル川の渡し船の乗り場、気の良い船長の船で、自転車は35セントで向こう岸に渡れます。反対側はまた景色や雰囲気が違う別世界ですが、今日は止めときます。
e0107616_23101719.jpg

川沿いを更に進むと、今度はアムステル川でボートを漕いでいる人を発見。そう言えば、オランダはスピード・スケート、ロードバイク、ボートなど持久力を競う競技が盛んです。僕もやってみたいですが、機材や水泳の資格の問題があり無理そうです。
e0107616_2310389.jpg

最後は水仙の花のロードをゆっくりと走ります。今日は今シーズン初めてのロードバイクでしたが、思ったより調子よく乗れました。家に帰って美味しいビールが飲めました!
e0107616_2310553.jpg

 Result      走行距離 : 36.1km, 平均速度 : 23.0km/h
            最高速度 : 41.4km/h, 走行時間 : 1:34':05"
by samu222_arphard | 2008-04-16 04:13 | オランダの生活

アスパラガス ディナー 2008.04.12

今日の夕食は市場で買ってきたホワイト・アスパラです。アスパラの皮をむき、皮も一緒に茹でた後、ゆで卵を掛け、バターソースで頂きました。付け合せは、ジャーマン・ポテトとソーセージ、ゆで汁は牛乳と塩とコショウで味付けし、アスパラスープです。

日本で食べるアスパラガスは、瓶詰めでヒョロヒョロ、歯ざわりがありませんが、こちらのは太さ3cm、長さ25cm位のしっかりしたものです。久しぶりに食べるゆでたてのホワイトアスパラは、ほろ苦くもあり、甘くもありホクホクして最高でした。

調理方法や食べ方は英語の先生に教わったので、ダッチ風だと思います。これからはアスパラガスのシーズン、スーパーや市場には新鮮なアスパラが並び始めます。高カロリーな食べ物が多い中、安心して食べられる数少ない春のメニューです。

e0107616_239132.jpg

by samu222_arphard | 2008-04-13 02:47 | ヨーロッパの食べ物