<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サマータイムの終わりは知ってたけど… 2007.10.28

今日から来年の3月最終日曜日まで、ヨーロッパは標準時間に戻り1時間時計を遅らせます。つまり今迄の朝7時が朝6時になり、電車も飛行機もテレビ番組も店や会社の就業時間も一斉に変わります。カミサンからは以前、サマータイムの終わりを知らず、1時間前からスクールバスを待っていた日本人の話を聞き、そんなアホな!何て笑っていましたが…

今日は日曜日、最近の食べすぎと運動不足解消のため、スポーツクラブの好きなマシンを確保すべく、張り切ってスポーツクラブのオープン8:30分前に到着して待っていました。しかし定刻になっても入り口のドアが開きません。私の他にもオランダ人の男性1人と、日本人らしき女性が1人が待っていますが、さすがにこの時期の朝は寒い。

オランダ人の男性とも、『スタッフが寝坊でもしたのかな?』 『しょうがないねー』何て話していましたが、寒いので早くしてくれーと時計を見ると8:40分、15分も外で待たされ、いい加減にイライラしてくる。日本人らしき女性も寒いので車の中で待っている模様。

するとオランダ人が寄ってきて 『そう言えばサマータイムっていつまでだったっけ?』 『…あれっ? ガーン! そう言えば今日から標準時間ジャン! と言う事はまだ7:40分って事?』 オランダ人男性に言うと肩をすぼめて 『オレ1度家帰るわ!お前はどうする?』 『もちろんオレも帰る…』 日本人らしき女性にも 『今日から標準時間ですよね?』 と日本語で確認すると 『あーそうだったですね』 と日本語で言い、照れ笑いで帰っていった。

いつもは朝起きてから、カミサン達とそんな話しをして、時計を修正してから行動していたので間違えなかったが、今日は起きて直ぐにスポーツクラブに出かけてしまったので、つい間違いを犯してしまった。カミサンや子供達にはバカにされるし、はずかしーっ!

1時間後にスポーツクラブに行くと、既に100台近くの車が駐車していた、仮に100人居たとして、時間を間違えたのは3人、故に約3%の人が時間を間違えた。3人の中の2人が日本人だったから、66.7%もの日本人が引っ掛かった?しかしその中にオランダ人が1人いたのがせめてもの救い?、何てバカな事を考えながらその日の汗をしっかり流しました。
by samu222_arphard | 2007-10-28 16:17 | オランダの生活

ホールン (Hoorn) 2007.10.27

ホールンは17世紀の東インド会社が全盛期の時に栄えた港街です。家からは北に約50km、落ち着いた小さな街です。オランダの冬を象徴するような鉛色の曇り空で、とても寒く人々の装いは既に冬でした。あまり大きな街ではありませんが、土曜日の通りには市場が並び活気があります。

多くの船やボートが係留されているアイセル湖畔の港街、懐かしい海の香りがします。
e0107616_1342267.jpg


ローデ・ステーン広場の西フリージアン博物館、ライオンの装飾が見事でした。
e0107616_135418.jpg


今日の目的は市場での買い物です。八百屋さんで柿を買いましたが、オランダ語でも柿は『Kaki』 です。少し渋めでしたが美味しかったです。
e0107616_13334278.jpg

by samu222_arphard | 2007-10-28 13:06 | オランダの街

気が付いたらもう冬? 2007.10.23

ここの所忙しかったりしてあまり季節を感じる事がありませんでしたが、気がつくと季節は秋を通り越し、既に冬という感じです。現在、朝8時でようやく明るくなり、夜7時には暗くなります。おまけに今週でサマータイムは終了、暗~く! 長~く! 寒~い! 冬がやってきます。

土曜日の朝、運動不足解消のため、久しぶりにウォーキングに行きましたが、気温は3℃手がかじかんで痺れるほどです。公園の歩道は落ち葉で一杯です。空気は澄んで気持ちが良いのですが、これ以上寒くなるのはちょっと勘弁です。

追い討ちを掛けるように、今朝この冬初めて車の窓が凍りました。これからは凍り掻きをしてからでないと、車に乗れません。今年は涼しい夏を経験しましたが、冬はとんでもなく寒くなるかも… ひょっとすると久しぶりに運河が凍り、スケートなんて事にもなるかも知れません。憂鬱なようで少し楽しみです。
by samu222_arphard | 2007-10-24 04:01 | オランダの生活

オランダ人の日本の印象 2007.10.20

今回の日本出張でオランダ人の同僚に、日本の印象を聞いてみました。

◎街全体が綺麗
  確かに今回見たところはゴミがあまり落ちてなく、私自身も綺麗な印象を受けました。
  最近日本は、ゴミなんか街中で捨てると罰金でしたっけ?
◎電車など交通機関の時間が正確
  東京駅であれだけ多くの電車が分刻みで、時間通りに来る事が驚きだった様です。 
◎欧米人が少ない 
  いわゆる外国人の少なさに驚いていました。今日はまだ3人しか見ていないなど、
  数えていたようですが… 東京には沢山いましたが、宇都宮、川崎は少なかった。
◎物価が思ったほど高くない
  たぶんユーロ高のためです。その割には財布の紐が硬かったようですが、奥さん
  に断り無くお金を使うのに抵抗があった様です。
◎仕事後、家に帰らず飲んで帰るサラリーマンにビックリ  
  彼らの優先順位の1番が家族と一緒にいる事ですから、居酒屋の賑わいには
  あきれていました。宇宙人を見るような目で私達を見ていました。
◎治安が良いこと
  ・ズボンの後ろポケットに財布を入れてる人を見て、オランダなら1分持たないだろう…
  ・自動改札機は簡単に突破出来る!オランダならみんな飛び越えてるだろう…
◎言葉が通じない!日本語が読めない!
  これは相当恐怖だった様で、お前の苦労が良く判ると言っていました。でしょ!
◎その他面白かった事
 ○彼らが日本で買ったお土産 : 
   ・奥さん用の着物(チャイナドレス風外国人用着物、日本人は絶対に買わないやつ)
   ・草履風サンダル with 足袋 (日本人はそんな事しないと忠告しましたが… )
   ・コミックマンガ (日本語なので読めませんが、ヨーロッパでは有名なようです)
   ・日本食の料理本 (日本食は気に入ったようです)
   ・乾電池、DVD-R(秋葉原ではi-Pod相当悩んでましたが止めました)
 ○奥さんに連絡する手段を見つけるために、血眼になっていました。成田空港で携帯
  電話を個人で借りたり、インターネットなどを使い、通信費には金を惜しまず、毎日
  近況報告していました。仕事もこの位やってくれると良いんだけど…

いずれにしても、日本に対して好印象を持ってくれたようです。よかったよかった!
by samu222_arphard | 2007-10-20 23:50 | オランダの人

中国 蘇州 2007.10.15

日本での仕事を終え、次の目的地中国蘇州へ向った。JAL便で11時20発、13:30上海着の予定でした、飛行機の部品交換のトラブルで大幅に出発が遅れ、到着は17:30。日曜日のため、同僚が上海の観光地に連れて行ってくれる予定だったのですが、残念ながら全てキャンセルです。

次の日仕事が終わり、夕方に少しだけ観光に連れて行ってもらいました。先ずは拙政園(せっせいえん)。蘇州四大名園の一つで中国四大名園の一つにもなっているそうです。拙政園は世界遺産登録されていて、中国庭園のモデルとして事実上中国No.1の庭園だそうです。池が多く、蓮の花は終わっていましたが、しっとりとした落ち着いた庭園でした。

e0107616_14154983.jpge0107616_1416552.jpg









途中お土産物やさんがあり、中国らしい巾着袋が3枚で10元(1元15≒円)なので、安いと思い買おうとすると、同僚が値切らなければダメ!と言う事で、中国語で同僚とおばさんとの激しい攻防の末、6枚を10元で買うことが出来ました。ヨーロッパでは値切る習慣が無いのでオランダ人もビックリ。

次に連れて行ってもらったのは、「東洋のベニス」と言われる蘇州運河の手漕ぎ船クルーズ。船からは、川で物を洗ったり、自転車で通りを忙しそうに行き交う人達が同じ目線で見る事が出来ました。築100年はゆうに超えているであろう味のある家屋に、岸辺で談笑する人々。蘇州工業地区の近代的な雰囲気とのコントラストに、僕がイメージしている中国があり少しホッとしました。

風景はどこか昔懐かしい雰囲気、船では船頭さんが蘇州の古い歌を披露してくれました。
e0107616_14195312.jpge0107616_1420943.jpg









近代的な蘇州の一面、多くの映画館等があり、カップルや家族で賑わっていました。
e0107616_1427203.jpge0107616_14273918.jpg
by samu222_arphard | 2007-10-19 15:08 | ヨーロッパの旅行

イギリスの学校体験入学 2007.10.17

私が日本と中国に出張している間、中2の娘が1週間イギリスの学校に体験入学して来ました。娘にとって初めての一人旅だったので、無事に飛行機に乗れるか、他人の家できちんと出来るか、スリに会わないか?など心配していましたが、何とか無事に行って帰って来たようです。

彼女は現在の日本人学校から、将来インターナショナルスクールに行く希望を持っていて、それなら一度体験して見るのも良いだろうと考え、イギリス駐在の同僚にお願いし、彼の娘さんが通っている学校に頼み込んでもらい実現しました。同僚家族と学校に感謝!

親としてはイギリス人の中に1人で飛び込み、逃げられない状況の中でどれだけ英語が通用するか、痛い目に遭いもっと英語を頑張れるなら、良い経験になると思い賛成しました。たぶん泣いて帰ってくるのかな?なんても思っていましたが…

結果、授業は難しかった様ですが、沢山の友達を作って帰ってきました。ある人は家に招待してくれたり、多くの人から手紙を貰ったり、クラスの全員から寄せ書きを贈られたりして、最後は泣いて別れを惜しんでくれる人も居たようで、とても貴重な思い出深い体験になったようです。

英語の実力は定かではありませんが、コミュニケーションも取れたようで、当時の僕だったらとても無理だったろうな、何て考えると娘が少し大きく見えます。毎日オランダ人の中でもまれている親父の苦労も、少し判った様な事も言ってました。まあそんな事は無いんだけど照れるなー ポリポリ… 
by samu222_arphard | 2007-10-18 06:48 | オランダの生活

オランダに帰ってきました 2007.10.16

日本と中国の出張からようやく帰ってきました。オランダの人と一緒での行動だったので、楽しかったのと同時にやはり疲れました。

仕事の話を抜きにすると、日本では彼らと新幹線や地下鉄に乗ったり、観光では浅草、皇居、東京タワー、秋葉原、夜は寿司や刺身はもちろん、焼き鳥屋やカラオケなどの日本の文化にも触れてもらい良い経験になったと思います。

中国では急成長著しい蘇州の工業地区と、昔ながらの中国の対照的な姿を見る事が出来ました。仕事の後の約2時間しかありませんでしたが、世界遺産の庭園である拙政園や東洋のベニスと言われる、蘇州運河の川下りにも連れて行ってもらいました。

彼らは日本でも驚いていましたが、中国では車や自転車の往来の多さや、中国流のおもてなしのカンペー(乾杯)、お土産物での値切りや物価の安さなどに驚いていました。正にアメージングの国です。

今回の出張では、昔世話になった方や仲間、同じ境遇の中国駐在の人達に会い、オランダ人も同様に、一つの会社の一員だと言う認識が強まった事が良かったです。彼らのモチベーションも少し上がったようです。
e0107616_215879.jpg

by samu222_arphard | 2007-10-18 05:14 | オランダの生活

日本に到着しました2007.10.07

11時間のフライトを経て、ようやく日本に到着しました。機内でオランダの同僚たちは椅子の間隔が狭すぎる何て文句を言っていましたが、オランダの航空会社KLMだろ!あなた達が大きすぎるんだろ!何て冗談言っている内に意外と早く着きました。

日本が3連休だったので、オランダの同僚はオランダ駐在経験がある日本人の同僚に任せて、宇都宮直通バスに乗せ日光観光へ、私は実家でゆっくりさせてもらう事に。空港には僕のブログの辛口書き込みの磯さん家族が迎えに来てくれ、美味しい蕎麦をご馳走になりました。かき揚もサクサクして美味しかった!磯さん、奥さん本当にありがとね。

その後実家に帰り楽しみにしていたスーパー銭湯に行った後、コンビニに行きました。こんなありがたい店はオランダにはありません。携帯洋服クリーナー、あぶら取り紙、お口のスプレー、8×4などオランダに無いものを買い込みましたがいろいろありますね。
e0107616_21445677.jpg

by samu222_arphard | 2007-10-07 22:01 | オランダの生活

日本への出発です 2007.10.05

これから日本へと出発します。明日以降はオランダ日本人学校が秋休みになるために、日本行きの便が込んでいて今日の出発になりました。2ヶ月前にも行ったので、あまり興奮はしませんがやはり楽しみです。

明日は日本人学校の学習発表会があり、娘達はそれぞれ劇を演じるようです。2人の娘も主役で出演しますが、本番を見る事が出来ずに後ろ髪を引かれる思いですが…。子供たちも緊張しながらも楽しみにしています。

それではオランダ人の仲間が空港で待っていますので、行って来ます!
by samu222_arphard | 2007-10-05 17:43 | オランダの生活

我が家の壮行会 2007.10.01

今週の10/5日~16日まで2人のオランダ人の同僚と供に、日本へ2度目の出張プラス中国へ、上の娘は7日~13日まで秋休みを利用してイギリスへの語学留学へと向かいます。珍しくこうした外出の日程が重なってしまい、当分我が家はバラバラです。

今度の日本 + 中国の出張は、オランダ人も一緒なのであまり個人で友達に会ったりは出来ませんが、どんな珍道中になるやら楽しみです。1人のオランダ人は日本に行くのが初めてなので、東の遠ーーーい国、語学が堪能なオランダ人にして、言葉が全く通じない国、時間に関してとても正確な国、外国人があまりいない国に少しビクビクしている様です。日本に対してどんな印象を持つのか楽しみです。

中国には学生時代と会社に入ってからの2回行っていますが、今回は上海から車で1時間位の距離にある蘇州という場所に行きます。中国の発展は凄まじい物があり、以前とどのように変わったかを見るのが楽しみです。ここの現地社長は仲人もお願いした、とてもお世話になった方なので、会うのをとても楽しみにしています。

娘は私の友達に紹介してもらい、イギリスの普通の学校に1週間1人で体験入学します。私の友達の家に泊めてもらえるので安心していますが、初めての一人旅や、イギリス人しかいない学校での生活など、私だったら怖気づきますが、勇敢にもとても楽しみにしているようです。折り紙や書道の準備をして、日本の文化を披露すると張り切っています。

出発前に家族で壮行会を開く予定です。いずれにしてもお互い良い経験になると思っています。
by samu222_arphard | 2007-10-02 04:44 | オランダの生活