<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ロードバイクの記録 2007.04.29

我が家の女性軍は明日のフリーマーケットの準備が忙しいため、出かけるつもりは無いようなので、久しぶりにロードバイクに乗り、アムステルフェーン~アウトホルン~フィンケフェーンまで出かけて来た。風があったが爽やかで気持ちよく走る事が出来た。

爽やかな季節になり、ローディーの数も増えてきて、クラブらしきお揃いのウエアーを着た集団を見かけるが何とか仲間に入れてくれないかなー

言い訳 : フィンケフェーンでは観光モードで走ったため、平均速度が遅くなってしまった。

                    平均速度:23.9km/h
                    走行距離:35.8km
                    走行時間:1:29′44″

      重厚な教会を発見              オランダ名物 地面より高い運河
e0107616_416862.jpge0107616_4163224.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-29 04:05

子供の水泳教室 2007.04.28

小学4年生の子供が水泳教室に通う事になったのですが、日本とはかなり事情が違い面白いのでレポートします。

子供が通っていた日本の水泳教室では、クロール、平泳ぎ等の各種で、それぞれ正しいフォーム、長い距離、早く泳ぐ、が各級のハードルだったのですが、オランダの場合は…

各クラスはディプロマ(資格免状)A、B、C等と試験をパスすると上がっていきますが、試験の科目が立ち泳ぎ、仰向け泳ぎ(背泳ではない)、顔上げ平泳ぎ、着衣水泳、飛込み潜水などです。冗談かと思いましたが、明らかに運河に落ちた場合を想定している様です。クラスを上がる為には、着衣を夏服から冬服に変え、長靴を履いたりして長い距離を泳いだり、長い間水中で潜っていられる事が要求される様です(マジ?)。

子供がディプロマAを受け合格した後、クラブから招待状が来てプールに子供の泳ぎを見に来て下さいという通知を受け行って見ると、観客席には親や親戚、おじいちゃん、おばあちゃん等が沢山見に来ていて『何だコリャ』の世界です。子供達は控え室から軽快なマーチの音楽に合わせてプールに入場です。50人位いますが日本人はうちの子だけで、訳がわからず後ろを着いて行きます。

何とこれは見学ではなく、試験に受かった人の『合格お披露目会』だったのです。カメラのフラッシュを浴びてそれぞれの主役が、着衣水泳から立ち泳ぎ等の泳ぎを披露します。その度に観客席からはピーピーと指笛や拍手喝采です。何と言う親ばかぶりでしょう!次は合格した子供達のご褒美に、水泳教室の先生扮する、ピエロがプールにやって来て、高い場所から飛込みをしたり、コントを演じたりして、子供達も大はしゃぎです。

最後には子供達一人一人は先生から賞状を受取り、目出度く卒業です。子供達は親等から花束を貰ったり、ご褒美のおもちゃを貰ったりして喜んでいました。何も知らない我が家は何も用意していませんでしたが、後で家族でお祝いの食事に行きました。

慣れないながらも次の目標に向け、子供も張り切っています。だんだんオランダの生活に溶け込んで来た家族でした。

     服着たまま泳ぐ着衣水泳            水泳大会並みの大観衆が…
e0107616_3472657.jpge0107616_3474125.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-28 03:41 | オランダの生活

日本までの距離 2007.04.26

デンハーグにあった看板です。知っては行けない事を知ってしまったようです。

東京まで9300km、改めて知ると遠すぎるーーーっ。

e0107616_337232.jpg

by samu222_arphard | 2007-04-26 03:42 | オランダの雑学

日本語の実力 2007.04.25

昨夜、JSTV(日本語衛星放送)で 『脳内エステ IQサプリ』 を見ました。この番組の売りは、クイズ番組ですが、決して難しい問題を解くわけではなく、よ〜く考えれば誰もがわかるような問題ばかりが用意されています。

大人が解けて子供が解けないということはありませんが、大人が解けなくて子供が解けるということが起こりうるクイズ番組です。簡単に言えば、日本語の 『とんち』 遊びみたいなものです。

日本でも楽しみに毎週見ていたし、ご飯食べながらでも、メール見ながらでも、高い確率で問題が解けていました。しかし、1年ぶりにみた番組を見て愕然としました。ななんと、問題が1問も解けないんです。しかも、真剣に考えても、ヒントを聞いても… 

私の日本語能力が退化している!!! ヒネリが効かなくなっていると言うか… ヤバイ ('д';) と言う事に気が付きました。確かに日本語に接するのはインターネットやメールばかりで直接日本人と話すのはごく限られた人ばかりだし、読む本も最近は英語の学習本ばかりで、専門書や文学は読んでいないし…

日本語もさらに読んだり、頭を柔らかくしたりしなければならないと感じた次第です。ところで誰か 『美しい国、日本』の意味を教えて下さ~い!
by samu222_arphard | 2007-04-25 04:41 | オランダの生活

オランダの土地 2007.04.23

オランダは国土の1/4が海面下にあり、見渡す限りの平原で山は見当たりません。私の家の辺りや、アムステルダム/スキポール空港は海面下約5mだそうです。頭の上に海面や湖、運河などがあると思うとゾッとします。実際高速道路で頭上を大型船が通っているのを見たことがありますが、ビックリして事故りそうになりました。

『世界は神が造った、オランダはオランダ人が造った』と言う言葉がありますが、かつてオランダは水との戦いに勝り、自分達の手で国土を造り上げてきました。1932年の締切り大堤防を建造したのは有名な話ですが、これにより大干拓地(ポルダー)を造り、国土を広げてきたのです。大堤防を見ると、人間やれば出来る!と言う気になります。

オランダ名物の風車は、かつて風の力を利用して、余分な水を外に掻き出す役目をしていたそうですがご存知でしたか?最近では電気ポンプを利用して余分な水を外に出しています。オランダ人の知恵と実行力には脱帽ですが、地球温暖化は想定外であったと思います。

    全長30kmの締切り大堤防             建設にまつわる記念碑 
e0107616_3474632.jpge0107616_348162.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-24 03:48 | オランダの雑学

デ・ホーヘ・ヘルフェ国立公園 2007.04.22

今週も天気が良く、自転車に乗りたい!絵が見たい!と言う家族のリクエストに答えるため、オランダ最大の自然保護公園デ・ホーヘ・ヘルフェ国立公園に行ってきました。ここは別名『ゴッホの森』とも呼ばれ、『アルルの跳ね橋』、『星空のカフェテラス』などゴッホ作品を300点以上所有する、クローラー・ミューラー美術館も公園内にあります。

家からは、東に約90km、約1時間の行程です。朝9時に到着、公園の入り口は自由に使用できる貸し自転車が数百台置いてあり、森の中を自転車ロードが数十キロに渡り整備してあります。鳥の声を聞きながら美術館まで約6km自転車で走ると、リスや小動物を見つける事が出来、自然を満喫出来ます。

自然の中の美術館は日本人バスツアーの観光客で一杯です。トイレから出ると、日本人のおばさんから、ガイドさんと間違えられ、住んでいる事を話すと、驚かれ羨ましがられ、羨望の眼差しで見られ、少し良い気分です。その方たちはここのゴッホの絵を見るために、60万円の旅行費を支払い来ていると聞くと、改めて自分達の居る環境を大事にしたいと思います。

その他に、京都からの一人旅の方ともゆっくりお話が出来、日本が懐かしく、久しぶりに日本の臭いを嗅いだ様な気がします。別れ際に『体に気をつけて頑張ってね』とお袋みたいなおばさんに励まされ、みんな帰ってしまうと少し寂しく、改めて日本から遠くに住んでいる事を実感しました。

話が脱線しましたが、美術館の他にも狩猟博物館や、世界初の地底博物館なども併設されていて、子供にも大人にも楽しめる公園でした。ただし、ミュージアムカールト(オランダ博物館年間パス)が使えないのでご注意を。

   森の中のサイクリングロード              美術館裏庭には屋外彫刻も
e0107616_0571362.jpge0107616_0573039.jpg








   ゴッホの有名な絵が一同に              狩猟博物館までサイクリング
e0107616_0574655.jpge0107616_0582077.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-23 00:59 | オランダの街

キューケンホフ公園(おまけ) 2007.04.15

綺麗だったのでもう少し写真をアップします。冬の暗い色から比べると、色があるのは嬉しいです。

e0107616_324846.jpge0107616_33454.jpg









e0107616_332640.jpge0107616_334395.jpg









e0107616_34376.jpge0107616_341763.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-16 03:15 | オランダの生活

キューケンホフ公園 2007.04.15

昨日から急に夏のような天気になり、気温は27℃くらいあります。今日は春の2ヶ月間だけしか開園しないキューケンホフ公園に行ってきました。家からは26km、約30分です。『世界で一番素敵な春の庭園』と言われていて、チューリップや、ヒヤシンス、スイセン、ムスカリ等の春の花々がとても綺麗で、流石オランダ自慢の庭園です。

開園前に到着し、朝一番乗りで公園に入りましたが、色とりどりの花の競演に圧倒されます。10時頃になると、日本はもちろん、世界中の国からツアー客が押しかけ大勢の人で賑わっていました。先々週までは厚手のジャンパーを着ていましたが、半そで短パンで十分な天気です。

人が押しかける前に殆ど見てしまったので、公園カフェで景色を堪能しストリートオルガンを聴きながら、お約束のビールを飲み、久しぶりに寛いだ休日を過ごしました。風車に木靴、チューリップとオランダが凝縮された観光地です。友達が来たら是非紹介したい場所の一つです。

e0107616_23571917.jpge0107616_2357391.jpg









e0107616_23575887.jpge0107616_23581412.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-15 23:58 | オランダの街

ロッテルダム動物園 2007.04.08

3連休2日目、今日は下の娘の前からの希望で、ロッテルダムの動物園に来ました。先週に引き続きロッテルダムです。家からは66km、約40分の道のりです。えーっ動物園??何て親はバカにしていましたが、来てみると親が夢中になってしまいました。ライオン、トラ、ゴリラ等の猛獣は去ることながら、キリンやゾウ、鳥や蝶の放し飼い、はたまた水族館までありビックリしました。

特に水族館は品川水族館級のドーム水槽があり、久しぶりに海の雰囲気を堪能しました。

この動物園は開園150年と古い歴史を持ち、第2次世界大戦のロッテルダム大空襲も経験した、由緒ある動物園です。生きた動物は勿論、ライオンの毛皮や、大蛇の抜け殻まで、直接触れることが出来、子供から大人まで楽しめます。

ガイドブックには載っていませんが、隠れた名所かも知れません。

e0107616_3344452.jpge0107616_3345857.jpg









e0107616_3352028.jpge0107616_3353544.jpg
by samu222_arphard | 2007-04-08 03:35 | オランダの生活

カルフール (ベルギー・アントワープ)2007.04.07

イースターで珍しく3連休。お店が休みになるので、買出しをしなければなりませんが、この近辺の買い物は飽きたし、華やかなショッピングセンタに行ってみたくて、ベルギー アントワープのカルフールに来ました。家からは160km、約1.5時間の道のりです。

日本では家の近くの海浜幕張の店によく行っていましたが、こちらでは初めてです。着いて見ると、日本で見覚えのある『カルフール』のロゴが… 日本では撤退してしまいましたが、懐かしい響きです。店の中は日本とほぼ同じで、電気や衣料等が一緒に売っていて、しかも大型店舗。日本と違うのは、肉やソーセージ、ワイン等が豊富な代わりに、オランダと同様、魚類は少なめですこしガッカリ。

かみさんや子供達は久しぶりに見る、カラフルな品揃えと、何でも揃う店舗で大満足です。私はベルギー・ビールやソーセージを何種類か買い込み、晩酌の準備はOK!外は曇りで9℃と寒かったので、観光は次の機会にすることにして、とっととベルギーを後にしました。

e0107616_195655.jpg

by samu222_arphard | 2007-04-07 01:08 | オランダの生活