<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Hina Matsuri (25th Feb 2007)

The 3rd of March is the Japanese Doll Festival, Hina Matsuri.
It is one of the traditional events of Japan.
We brought Hina dolls from Japan and we already displayed them
on the chest.

Normally, we display a set of Hina dolls, for example ; the Emperor,
Empress, their servants, miniture furniture, and so on.
Hina Matsuri is the girl's festival and we wish they will be healthy and happy.

Both my daughters have their own dolls.
These Japanese dolls mismatch a little bit in a Dutch room.
Anyway, our culture is a blend of Dutch style and Japanese style.

by samu222_arphard | 2007-02-27 05:16 | English diary

ユトレヒト (Utrecht) 2007.02.24

買い物にユトレヒトに行ってきた。ユトレヒトは家から40km、オランダ第4の街で歴史的にはユトレヒト同盟を結んだ街として有名である。個人的には通勤で通る渋滞の難所として要注意場所ですが、休日の買い物ではオランダには珍しく屋内の大型ショッピングセンタや、レストランなども充実していて、好きな街の一つです。

その他では、ミッフィーの生みの親ブルーナさんが暮らしている街、オランダ、プロサッカーのユトレヒトの本拠地などとしても知られています。

街のシンボルであるオランダ一高い、ドム塔のカリオンの音を聞きながら、運河沿いのショップや、マーケットを見て周るのは心が和む。さすがに土曜日とあって賑やかだ。かみさんには靴を、子供には洋服、ヘンケルのお店でチーズ切り専用包丁などをお買い上げ。

昼食はレストランでビールと、食パンの上にハムや、チーズ、目玉焼きを載せて食べるオランダ独特のランチ、アウトシュマイテルや、クラブサンドウィッチを食べた。朝から雨が降っていたが、オランダの典型的な天気でやはり午後からは気持ちよく晴れて、屋外のカフェで寛ぐ人もチラホラと。

今度は、かみさん達が買い物している間、運河沿いのカフェでゆっくりビールでも飲んでいたい雰囲気のある街である。

       運河沿いの建物                   花市場のチューリップ
e0107616_5341444.jpge0107616_5342744.jpg









          ドム塔                    後ろの建物はレトロなマック
e0107616_5344062.jpge0107616_5392720.jpg
by samu222_arphard | 2007-02-25 06:24 | オランダの街

May he rest in peace. (19th Feb 2007)

I received a letter from our neighbor last Saturday.
I didn’t understand what this letter meant, because it was written in Dutch.
So I looked up the words in the dictionary.
I was shocked by this letter. It said that my neighbor died the day before yesterday due to cancer.
He was only forty-eight years old. I think that’s far too young.
I felt sympathy for his wife and children.
May he rest in peace.

by samu222_arphard | 2007-02-21 04:26 | English diary

アムステルダム (Amsterdam) 2007.02.18

今日は国立美術館に、オランダの有名な画家達の絵を見に行ってきました。フェルメール、レンブラント、フランスハルス、ヤンボス等の17世紀を中心とした画家の絵が多く展示されています。特にフェルメールの『牛乳を注ぐ女』は色使いと、細かな点までリアルに描写しており、好きな絵の一つです。今日は混雑していて、絵の写真を撮れる雰囲気ではありませんでしたが、じっくり絵を見て少し心が晴れたようです。

        美術館入り口                  美術館から公園に向けて
e0107616_4461064.jpge0107616_4464341.jpg









        カジノ前の運河               自転車と運河、この構図が好きです
e0107616_4471944.jpge0107616_4474536.jpg









         シンゲル運河            花市で隣の方に捧げる花を買いました e0107616_448188.jpge0107616_4481854.jpg










昨夜は隣の亡くなったご主人の事を家族で話し、我々に出来ることを考え、お花を捧げることにしました。日曜日我々の街は、店が休みなので、アムステルダムのシンゲル花市で、お悔やみ用の花を見立ててもらいました。みんなで奥さんに渡しに行ったら、とても喜んでくれ、我々も少しは心が軽くなったような気がします。
by samu222_arphard | 2007-02-19 05:08 | オランダの街

何とも言えない気持ち… 2007.02.17

家の郵便受けに隣の家から手紙が来ていた。オランダ語なので、何の意味か分からなかったが、辞書で訳すと隣の御主人が亡くなったらしい。仰天し押っ取り刀で家を訪ねると、奥さんが出てきて一昨日、やはり御主人が亡くなったそうだ。

今年の正月の花火に『ハッピーニューイヤー』と嬉しそうにはしゃいでいたのが最後の姿だった。色々良くしてもらっていたし、娘さんはうちの娘と同じ小学3年生で、妹はまだ幼稚園。奥さんや子供の気持ちを考えると胸が詰まる思いだ。

去年の4月から癌を患っていて、頭から体に転移してしまったそうだ、まだ48歳の若さでさぞかし無念だったと思う。『訪ねてくれてありがとう』と気丈に振舞っていたが、こういう時に話す言葉が見つからず、何をしたら良いかも判らず本当にもどかしかった… しかし奥さんの悲しみは十分伝わってきた。

今後も隣人として何か力になりたいし、早く頼れる隣人になりたいと、決意した出来事だった。
by samu222_arphard | 2007-02-18 02:06 | オランダの生活

アムステルダム ボス公園 2007.02.16

家から歩いて15分位の所にアムステルダムボス公園があります。ボスとは森と言う意味で広大な森の中にはいくつもの池や、ヤギ牧場、カヌー乗り場、プール、パンケーキ屋さんなどがあり、休日には良く散歩に出かけます。

この公園の面白いところとして、道には、自転車道、歩道、そして馬の歩く道が併設されていて乗馬を楽しむ人を多く見かけます。また奥の方には、下記の写真の様な動物が放し飼いになっており、サファリパーク状態、娘と2人しかいない中写真を撮ろうと近づくと、群れがこちらに迫ってきたので、思わず退散!これ襲われたら誰が責任とってくれるの?(日本式)、たぶん自己責任です(オランダ式)。

e0107616_413450.jpge0107616_414944.jpg








   声を掛けたら乗せてくれました          足に毛の生えた道産子の様な馬も
e0107616_42545.jpge0107616_422081.jpg






 
       
   犬禁止の門を開けて入ってみると…       なんとバッファローの群れが!
by samu222_arphard | 2007-02-17 04:37 | オランダの生活

『巨人の国』 2007.02.16

オランダ人はデカイ!先日のネットの記事によれば平均身長世界一で、男性が184cm、女性が170.8cmだそうです。平均身長がですヨ!私も180cmで日本では大きい方ですが、会社では低い方の部類に入ります。正に世界一の『巨人の国』です。

街を歩いていると、男性、女性共に大きく、2m位の男性はざらにいます。使いにくいのが小便器で、位置が高いため、背伸びしないと届かない所もあり大変です。スケートに行った時、、靴の分かさ上げされて、女性でもスゲー人がいました。

スポーツクラブのバイクを使うときも有り得ない位のイスの高さで、自分に合わせるために下げるときは恥ずかしいです。洋服のサイズも、日本人サイズには合いにくいです。ただ子供達は、小学生、中学生位までは普通の大きさの様なので、高校生位から急に伸びるのかも知れません。

本人達は、ネーデルラント(低い土地)と言われる地で生き残るには、もし堤防が決壊し水害にあっても、水面に顔を出して生き残るためサ!と涼しい顔で言っていますが、発育成長剤を飲ませた牛の肉、牛乳やチーズを食べたからだとも聞いた事があります。だとするとうちの娘たちもデカくなる!? 

最近のユニセフの調査によると、先進21カ国中一番幸せな子供はオランダ人だそうです。貧困、健康、対人関係、治安、子供自身による「幸福度」の評価など40項目の調査データを基に作成したそうですが、確かにみんなストレス無くスクスクと育っている感は否めません。 『小さく生んで大きく育てる』これぞオランダの極意です。

その内日本の大相撲でも、オランダ人力士が台頭する日がくるかも… せめて『人間の器の大きさ』だけは負けたくないものです。
e0107616_481585.jpg

右の方は世界ランキング1位のオランダ人ですが、息子さんは彼よりデカイそうです。左の方は、世界ランキング上位のスウェーデンの方です。私も180cmありますが、この有様です。
by samu222_arphard | 2007-02-16 07:12 | オランダの人

Hindeloopen (16th Feb 2007)

I went to Hindeloopen a week ago.Hindeloopen is one of my favorite towns in the Netherlands. It is famous for traditional Dutch furniture.

I bought a Hindeloopen chest which is painted with flowers in indigo blue. I wanted to buy some extra furniture. I like Hindeloopen furniture because it is gorgeous and elegant.

I bought a CD chest, candlesticks, and a tray with the same colours. I want to care for them lovingly and tenderly.

by samu222_arphard | 2007-02-16 05:37 | English diary

スポーツクラブ 2007.02.12

オランダでの生活は通勤も、買い物も車が無くては始まらず、運動不足になりがちだ。日本に住んでいた時、通勤や会社の中でも良く歩き、1日15,000歩位だったが、オランダでは3,000歩と約1/5位しか歩いていない。食事は高カロリーな物が多いため、このまま生活すれば、肥満から成人病に為る事、間違いなしと思い、赴任当初からスポーツクラブに加入した。

私の通っている所は、会社帰りの通り道であり、値段も€56/月でトレーニングマシーンは数、種類とも充実しており、いつでも利用できるのが魅力だ。ちなみにサウナもあり、一度知らずに入ったが男女混浴で、しかも非常にオープンな雰囲気なので止めた。若いカップルや女性、おばあさん等も、にこにこ何の違和感も無く、素っ裸で挨拶して来て隠す方が変ヨ?と言う、オランダでの超異次元ビックリ体験をした。

話が逸れたが、オランダ人は老若男女体を動かすのが好きだ。何時行っても空いているマシンは少なく、みんな一心不乱に汗を流している。顔も動きも真剣で手を抜く事をしないようだ。大きいオランダ人のその姿は圧巻で、特に若い女性はカッコ良い。そんな雰囲気の中で適当に汗を掻くなんて許される状態ではない。場所柄、色々な国籍の人がいそうだが、東洋人は数えるほどしか居ないため、馬鹿にされないよう頑張らなくては…

ただ、仕事が終わって行くとなると、面倒臭くなり週に1~2回位行けば上等だ。継続するのは大変だが、会社以外の現地人に触れる機会が多くなり、今後も健康維持とストレス解消のためコンスタントに通うつもりだ。

e0107616_21524099.jpge0107616_21525473.jpg
by samu222_arphard | 2007-02-13 05:08

赤ちゃん誕生 2007.02.12

先日会社の同僚で赤ちゃんが誕生しました。親父はのぼせっ放しですが、オランダで赤ちゃんが生まれた時に食べるものがベスハウト・メット・マウシェスです。写真のようなラスクの上に甘い粒が載ったお菓子を両親が親しい人に振舞います。マウシェスは男の子ならブルーと白の粒、女の子ならピンクと白でサクサクして甘みもあり違和感無く食べられます。

家の門の前に同様の色の風船を何十個もアーチ型に飾るのも習慣ですが、ビックリなのが奥さんは子供を産んだその日か、次の日には退院して普通に車を運転して忙しくしているそうです。オランダの人が言っていましたが、日本人は最低1週間入院すると説明したら、他の国はそうだと誇らしげでした。ホントに大丈夫かよーっ?

日本人の場合、他人の子に対しては単に『誰それの赤ちゃんが…』何て言い方をしますが、オランダの場合は『ラモンが…』『リケが…』ときちんとその日から付いたばかりの名前で呼んでいます。違和感ありますが、この辺りも個人の人格を尊重するオランダらしいと思います。

お父さんは、会社の自分の机に子供の写真を何枚も飾ったり、掲示板に赤ちゃんの写真を自分で掲示したり、日本人からしたら、何やってんだと思うような事も平気です。今回のケースでは、今後ズット奥さんが働いて、親父が家事をするそうです。会社でも仕事出来るヤツなんだけど、本人がそれでいいなら良しとしましょう。何せ個人の人格尊重ですから…
e0107616_4584885.jpg

by samu222_arphard | 2007-02-13 05:01 | オランダの人