カテゴリ:ヨーロッパの写真( 15 )

マグナプラザのツリー 2008.12.07

アムステルダムのダム広場の横に、マグナプラザと言うデパートがあります。その建物の外観も素晴らしいのですが、吹き抜けに立つクリスマスツリーも見事です。知合いのオランダの人によると、年々オランダのクリスマスも華やかになっているそうです。
e0107616_0145414.jpg

スポーツクラブで含蓄のありそうなオジサンと話をしたら、この2~3年は景気が上向く事が無いとオランダの総理大臣が言ったそうです。クリスマスが終わったら、投資で痛い目にあっている多くのオランダ人は、ガッチリ財布の紐を締めるだろうとも言っていました。
e0107616_015528.jpg

今は世界同時不況で嫌なニュースしか聞こえてきませんが、来年の今頃もこの様な華やかな光景が、見られる事を願って止みません。珍しくちょっとネガティブだったかな?
by samu222_arphard | 2008-12-12 00:13 | ヨーロッパの写真

アムステルダム散歩 2008.11.30

今まであまり行かなかった、アムステルダムの東側レンブラント広場やニューマルクト周辺を散歩しましたので紹介します。こちら側はあまり華やかではありませんが、落ち着いたアムステルダムらしい街並みが続いています。コンパクトカメラで撮りました。

アルバートカイプ市場、初めて来ましたが何でも揃うアムステルダム一番の日用品市。日中は込み合うそうですが、午前中だったので人はまばら、肉、魚、チーズ、衣料品…
e0107616_23443744.jpg

A’dam名物運河に建つ?浮かぶ?ボートハウスです。合法的なれっきとした家です。運河クルーズで家の脇を通ると、どうぞ見て下さいとばかりに普通に生活しています。
e0107616_23445196.jpg

いつもの好きな構図の写真です。このどんよりとした雰囲気がオランダらしいでしょ?アムステルダムの運河に架かる橋では、盗まれた自転車?を沢山見る事が出来ます。
e0107616_2345356.jpg

レンブラントは17世紀のオランダを代表する画家で、彼の名を持つ広場には代表作『夜警』の等身大のオブジェがあります。本物の絵は国立博物館で見ることが出来ます。
e0107616_23451549.jpg

運河の先に見えるのがアムステル教会だと思います。このような教会の塔が沢山あるので、正直言って良く判りません。この後、近くの中華料理やで飲茶をしに行きました。
e0107616_23454979.jpg

1605年に建てられた、オランダ東インド会社だった建物。現在はA'dam市立大学の一部として使用されています。17世紀初期の典型的な切妻壁が建物の正面にあります。
e0107616_2346286.jpg

この日も気温2℃で雨が降ったり止んだりのどんよりとした天気ですが、行き当たりバッタリに歩くのも楽しいものです。今度はライトアップされた夜に来て見ます。
by samu222_arphard | 2008-12-05 03:57 | ヨーロッパの写真

黄金色の秋 2008.11.09

ここの所、昼間の気温は10℃あり、そんなに寒くありません。土曜日はお姉ちゃんの補習校、日曜日は下の娘の学校参観があり、出かけられなかったので、近くにの森林公園に散歩に来ると、一面黄金色の世界でした。赤い色は少ないけど綺麗に紅葉していました。
e0107616_132423100.jpg

急いで家に帰り、勉強が忙しいお姉ちゃんに 『たまには気分転換で外の景色を見た方がいいョ!』 と無理やり連れ出し、森の景色を楽しみました。今しか見られないこの景色は、勉強よりも大事だと思います。本人も良い気分転換になったと言っていました。
e0107616_13245347.jpg

落ち葉で出来た天然マットがあるので、子供達も安心して木登り出来ます。このたくさんの落ち葉が、また肥沃な土壌を生み出し、木々が育つと言う自然のサイクルを感じます。
e0107616_13251624.jpg

偶然、スポーツクラブで見かけるおじいちゃんと出会い、しばし歓談。私もジモティ(地元の人)になって来ました。写真では白い橋と木々のコントラストが綺麗です。
e0107616_13253457.jpg

犬禁止のバッファローのエリアに誰かが犬を連れ込んだため、普段はおとなしいバッファローがいななき、戦闘モードになって途中まで突進して行きました。危ない危ない!
e0107616_13255791.jpg

どこへも出かけない休日には、1時間位の散歩に良くこの森に入ります。森の中に入ると新しい発見や、季節を感じることが出来るので、この過ごし方が気に入っています。
by samu222_arphard | 2008-11-11 05:26 | ヨーロッパの写真

マルタと言えば… 2008.08.12

マルタは海が綺麗で、街全体が世界遺産に指定されていますが、それだけではありません。その他にもマルタらしいこんな物があったので少し紹介します。

マルタの国旗は世界でも最も古いとガイドブックで知りました。1090年にアラビア人を打ち破るのを助けた報酬として、ノルマンの伯爵は己の国旗を裂いてマルタ人に与えたをされています。十字勲章は1964年9月にマルタが独立した時に加えられました。
e0107616_13505375.jpg

マルタの伝統的な漁船であるルッツの舳先には、一対の目が描かれています。悪天候や不漁から漁師を守るお守りで、フェニキア時代から伝わるとの事。目の形もバラエティーに富んでいて、見ていて楽しいです。お土産の船の置物もゲットしました。
e0107616_13511527.jpg

マルタは古めかしくも可愛らしいバス達の楽園。丸みを帯びた車体で顔は様々、中には猫バスに似た顔もあり眺めているだけでも楽しい。しかし乗ってみると、ドアは開けっ放しで凸凹道をぶっ飛ばす暴走バスと化します。バスを乗りこなす事がマルタ制覇のコツ。
e0107616_13513664.jpg

暑いマルタでビールを注文すると出てくるのが『Cisk』。マルタで最初に覚えた言葉がコレです。値段も安く日本人にも飲みやすいラガービールで、暑い所で冷たいCiskは最高でした。オランダでこのビールを探していますが、まだ見つかりません。
e0107616_13515541.jpg

お土産が少ないマルタでも、このガラス工芸品は見事なものでした。写真はゴゾ島の工場直売が売り物のお店です。カラフルなガラス工芸品はカミサンの心を釘付けにし、重たいガラスを何個か手荷物で持って帰る羽目に… マルタ島のマルタ・ガラスも有名です。
e0107616_22493032.jpg

by samu222_arphard | 2008-08-12 05:33 | ヨーロッパの写真

スケーヘニンゲン 2008.07.13

良くない天気の合間を縫って、デン・ハーグの近くのスケーヘニンゲンの海に、日帰りリゾートに行ってきました。朝9時に家を出発し、車で40分程で到着です。天気予報では良くない天気でしたが、予想が外れて朝から晴れ。駐車場も余裕で停められました。
e0107616_1247105.jpg

海岸沿いにはこのような、リゾートの雰囲気たっぷりのカフェがズラリと並んでいます。私は1人でカメラ背負って1時間20分、写真を撮りながら海沿いをウォーク、爽快です。
e0107616_2340383.jpg

その間、子供達は砂浜に寝そべって、日向ぼっこしながら本を読んでいました。気温は20度で寒くも無く暑くも無く。しかし7月だというのに夏はまだ来ません、それとも来ない?
e0107616_23405261.jpg

ウォーキングの後、我々はカフェでビールを飲んで、カミサンハ読書、私は隣に座った現地の人と話をしたり、昼寝をしたり。いつもの通りゆっくりとした時間を過ごしました。
e0107616_23455271.jpg

昼食は別のカフェでこんな感じです。私はオランダ名物パンの上にチーズ、ハム、玉子3個載ったアウトシュマイテル€6.5です。夕方3時、雲が出てきたので退散しました。
e0107616_23461059.jpg

by samu222_arphard | 2008-07-14 04:25 | ヨーロッパの写真

アムステルダム・ボス公園 2008.06.15

今日は同僚のYさんが自転車を持って遊びに来たので、いつもの森に行ってみました。天気はだんだん良くなってきて、最後は少し汗ばむ位に、でも風は爽やかです。

池の周りでは子供達のカヌー教室が開かれていました。子供達も真剣に聞いています
e0107616_332122.jpg

お互い日本から持ってきたマウンテンバイク、水面と緑と自転車がマッチしています
e0107616_3323158.jpg

以前紹介したミュージアムトレイン、のんびりのオランダにはレトロなトラムが似合います
e0107616_3324760.jpg

オランダの女の子の囚人が脱走しているのを発見、この後森の中へ逃げて行きました
e0107616_333716.jpg

公園内の大きな池を渡す渡し舟、ズームで撮ってみましたが、表情まで写ります
e0107616_3332233.jpg

前からKLMのジャンボが突っ込んできて、慌ててカメラ構えましたが、少し遅かった
e0107616_3333722.jpg

途中パンケーキ屋さんでお茶 (私はもちろんビール)したり、写真を撮ったり、ゆっくり時間を掛けて約2時間半、23km走りました。久しぶりに良い運動になりました。
by samu222_arphard | 2008-06-16 04:54 | ヨーロッパの写真

キンデルダイク風車群 2008.05.24

オランダが誇る世界遺産について紹介するのをすっかり忘れていました。これは 「キンデルダイクの風車群」 で1997年に世界遺産に登録された、風車を纏めて見る事が出来る場所です。ロッテルダムの近くで、家からは南に100km、1時間強のドライブです。

この地域の風車は、農地に必要な水を汲み出したりする灌漑用設備として、中世に建造され今日でも活用されています。ずらりと並ぶ風車と自転車、オランダらしい写真です。
e0107616_2241426.jpg

オランダに1000基残っている風車のうち19基がここにあります。気温は22℃ですが、若者が川に入って遊んでいます。これには世界遺産よりもビックリしました。寒くない?
e0107616_2243350.jpg

遊覧船に乗ってのんびり風車を眺めていて気がついたのですが、風車の一つ一つで生活の匂いがしています。例えば家族と外で寛いでいたり、洗濯物が干してあったり…
e0107616_2244679.jpg
まわりには風車以外に特に見る物はありませんが、周辺の緑地を散策したり、ボートに乗ってゆったり風車を眺め、牧歌的なオランダの雰囲気を味わうならココがお勧めです。
e0107616_2245711.jpg

by samu222_arphard | 2008-05-25 00:06 | ヨーロッパの写真

ズームレンズの効果 2008.05.20

まだあまり写真を撮っていないのですが、ズームレンズの効果を試すために、いつもの教会を撮ってみました。これは目一杯のの広角で撮影した写真(18mm)
e0107616_17321357.jpg

これは目一杯の望遠で撮影した写真(200mm)、三脚を立てずに手で持って撮影しましたがブレていません。手振れ防止の効果が確認できます。やっぱいいなー!
e0107616_17322564.jpg

ズーム200mmで糸トンボを接写してみました。最短撮影距離は0.5mですが、小さなトンボにピタリと焦点が合い、背景もボケていて感動の1枚になりました。
e0107616_17324188.jpg

by samu222_arphard | 2008-05-20 17:32 | ヨーロッパの写真

ズームレンズ 2008.05.18

今日は以前より欲しかったズームレンズを買っちゃいました。今まではセットで付いていた18-55mmのズームレンズでしたが、子供の運動会がある事を口実に18-200mmで手振れ防止付きです。とは言っても、本当は風景がメインなんですけど・・・

Nikon D40に装着すると、このようにレンズがずっしりしていい感じですが、カメラがおまけの様になっちゃいました。ただこの1本で広角から望遠までをカバーできるので、シャッターチャンスを逃さずに写真が撮れそうだと、腕前は別にしてほくそ笑んでいます。
e0107616_17303838.jpg

by samu222_arphard | 2008-05-20 13:00 | ヨーロッパの写真

空気の澄んだ朝 2008.03.23

ここの所、春と言うよりは冬に逆戻り、朝起きたら庭が白くなっていたので、いつもの場所に写真を撮りに来ました。朝7時ですが既に陽が昇っています。

先ずはアムステル川に来ましたが、期待したほど雪が積もっていなくて少し残念です。
e0107616_151347.jpg

今日は川の流れがいつもより穏やかで、鏡のように教会も船も写っています。
e0107616_153734.jpg

次にアムステルダム・ボス公園に来ました。ここは雪がうっすらと積もっています。
e0107616_16160.jpg

小さな運河は凍っていました。朝7時半で日が出ていますが気温はー3℃で寒い!
e0107616_161915.jpg

昼前には近くの木靴屋さんに、ウォーキングで来ました。木靴製作の実演見学。中国人の観光客を乗せたバスが付き、店の中も賑やかになりました。
e0107616_1104011.jpg

e0107616_111227.jpg

e0107616_113290.jpg

イースター休暇の中日、昼ごろになって雪が降り始めました。どこにも行く予定が無いので、明日の朝積もっていればいいなと、年甲斐も無く思っています。
by samu222_arphard | 2008-03-24 01:32 | ヨーロッパの写真