カテゴリ:オランダの人( 17 )

ミスター 2m が来た 2010.01.24

ミスター 2m ことリック君と彼女のレネーさんが訪ねて来ました。久しぶりに会うリック君は相変わらずデカイ!カミサンが彼らのために日本食ランチを用意してくれました。
e0107616_5241671.jpg

去年の夏には日本に行ったそうで、僕らの家にある日本文化に興味津々。今オリガミに夢中。彼は日本のことには詳しいけど、オランダの事は僕の方が詳しかった!
e0107616_5243610.jpg

リック君は歴史の先生、彼女は写真家、今度写真の撮り方を教えてくれるそうです。
e0107616_5245543.jpg

ミスター2mも高いけど、ミス1.8mもオランダでは普通です。僕も日本じゃデカイけど…
e0107616_5252391.jpg

この夏は東京に1ヶ月間2人で行くそうです。僕らも日本で会えれば良いんだけど… 僕らの家にある日本の文化を沢山吸収して、帰って行きました。
e0107616_526116.jpg

by samu222_arphard | 2010-01-25 05:09 | オランダの人

オランダ人とドイツ人の口げんか 2009.06.18

昼休みのウォーキングの時に、オランダ人の同僚から聞いた面白い話を…

先日その同僚がトルコに旅行に行った時、ホテルのコートでテニスをしていたら、ドイツ人の旅行者が3人やってきて、ドイツ語で 『このコートは我々が予約してあるはずだから、出て行ってくれ』 と言う事になったらしい。彼女達ももちろんドイツ語が判るので、 『我々もフロントで正式に予約したので、問題ないはずだ』 とドイツ語で返したそうです。

当然ヨーロッパ人の場合、自分達の意見を強烈にす主張するので、結果すったもんだの大騒ぎになり、途中まではドイツ人がドイツ語で優位に議論を進めていたらしい。そこで彼女は機転を利かせ、『私達はあなたの母国語のドイツ語で議論しているけど、私はオランダ人、フェアーじゃないからお互いの母国語じゃない英語で議論しましょう!』

そのドイツ人も仕方なく承諾し、最終的には彼女達が英語での議論で、とっちめちゃったというお話です。結果、ダブルブッキングでホテル側のミスだったようですが、英語での勝負を承諾してしまうドイツ人も面白いし、オランダ人が如何に外国語や、こういった駆け引きに長けているかというエピソードです。オランダ人と一緒に仕事してる僕も大変でしょ?
by samu222_arphard | 2009-06-19 05:16 | オランダの人

昼休みのウォーキング 2009.05.18

1年以上一人で歩いていた昼休みのウォーキングでしたが、半年ほど前から会社のベテラン女性と一緒に歩くようになりました。同じ会社の人ですが別な建物から引っ越してきて、彼女の趣味も昼休みに歩く事だったので、自然と一緒に歩く事になりました。本来一人になって気分転換する事が目的だったので、厄介な事になったと思いましたが…

しかし毎日歩きながら30分間みっちりしゃべるので、英語とオランダ語の練習には良いようです。仕事ではほとんど関連が無いので、週末何したとか、子供達の話、日本やオランダの事などお気楽な話です。彼女は日本人慣れしてないので、日本の文化に興味津々。僕が食べる黒い物体(おにぎり)を見て初めはビックリしていました。

また日本人の変な習慣に疑問があるようで、何で日本人のビジネスマンは夜遅くまで仕事をするのか?何で早く帰らないのか?父親は子供の躾けをしてるのか?など批判的でしたが、日本の文化を紹介する英語の本を貸してあげたり、色々な事を話していたら、最近は温泉の事や日本では英語が通じるか?などに質問が変わってきました。

以前は1人でニュージーランドに何年か住んでいたり、アラスカなどに出かけたり自然が好きなようですが、最近は休日になると日本の映画をDVDで見たり、日本の地図や観光ガイドなどを眺めていると言ってました。また1人日本のファンが増えたようです。
e0107616_123004.jpg

by samu222_arphard | 2009-05-19 12:30 | オランダの人

リック君からのご招待 2008.12.20

ミスター2mことリック君と彼女が、彼らの家に招待してくれました。彼は高校の歴史の先生、彼女は写真家のタマゴで、2人とも日本が大好きです。結婚していませんがオランダでは普通です。カミサンと上のお姉ちゃんは学校があり、下の娘と2人で行ってきました。
                     彼との縁はコチラ
彼の家のあるロッテルダムまでは、バスと電車を乗り継ぎ約1時間半。お土産に日本食材屋さんで日本のお菓子などを買い込み、娘が得意の風呂敷に包んで持っていきました。オランダの電車と風呂敷包みの取り合わせは面白いでしょ?かなり目立ってました。
e0107616_20491888.jpg

部屋には去年日本で撮った写真や、彼の名字 『Lente』 (春)を表す書が飾ってあり、本当に日本が好きなんだなと実感します。お昼にはダッチスタイルのランチをご馳走になり、彼の持つ日本の絵本の説明をしてあげたり、日本の事について沢山話をしました。
e0107616_2049293.jpg

彼女も日本の事に興味深深で、娘に英語やオランダ語で質問したり、その話を目を輝かせて聞いていました。彼女が写真の勉強に出かけるので、我々はリック君にロッテルダムの街を案内してもらいました。彼は日本語を覚えたい、私と娘はオランダ語を覚えたいので、彼が日本語、我々が英語・蘭語とあべこべの会話が、娘には面白かったようです。
e0107616_20494141.jpg

彼は昔、1本の名も無い日本の映画を見て日本が好きになり、日本の友達もオランダにいないのに、日本語や日本の文化をよく勉強している努力家です。僕が彼の役に立てるなら協力は惜しまないし、もっとたくさん日本の文化を知って欲しいと思います。娘達にも彼のそのような努力する姿を見て欲しいし、何かを感じて欲しいと思っています。
e0107616_20495294.jpg

そう言えば、僕がオランダ語を勉強するようになったのは彼の影響でした。彼からは僕のオランダ語について、短期間で良く覚えましたねと 『Well done』 (良く出来ました)の評価をもらいました!彼は今お金を貯めて、来年日本に行く事を心待ちにしています。
by samu222_arphard | 2008-12-25 04:41 | オランダの人

年の瀬の年中行事 2008.12.19

野暮用がありちょいと英語の先生の家に行くと、先生はガレージで 『イヤーッもう忙しい忙しい!』 を連呼しながら、クリスマスの時に飾るフラワーアレンジメントを製作中でした。家に飾るために作っているのですが、腕前はプロ級、毎年エスカレートしているそうです。
e0107616_483542.jpg

先生はこれらを何個も作り部屋に飾ります。ご主人は泥だらけになりながら、広いお庭のお手入れ中。忙しいと言いながらも、毎年伝統的な年の瀬の年中行事を楽しんでいます。
e0107616_510777.jpg

用事を済ませて忙しそうだから帰ると言うと、まあ座っていけと言う事で、ワインはお断りしてコーヒーを頂き、歓談して帰ってきました。ヨーロッパのクリスマスは日本で言うお正月のように、クリスマス前はみんな忙しくして、クリスマスは家族で静かに過ごします。
e0107616_5102372.jpg

そういえばこの時期、日本にいるお袋も忙しい忙しいを連呼しながら、手の込んだ年賀状を書いたり、家の隅々まで大掃除をしたり、大晦日は最後までおせち料理を作ったりしていました。今頃やってるのかなー。どこの国にも夫々の年の瀬があるようです。
e0107616_5104196.jpg

by samu222_arphard | 2008-12-24 04:58 | オランダの人

オランダの赤ちゃん 2008.12.17

昨年お産のため会社を辞めたアントワーネットさんが、赤ちゃんを連れて遊びに来ました。普通子供は日本人見ると怖がるんだけど、懐いてきたので写真撮っちゃいました。
e0107616_17575029.jpg

by samu222_arphard | 2008-12-23 04:46 | オランダの人

これも何かの縁 2008.10.25

今日はオランダ人の2m以上の背丈があるお客さんが来ました。先日の娘が書道でオランダの人の名前を書くイベントで、娘の相棒で通訳をしてくれた人です。これまでこんなに流暢な日本語を話すオランダ人は見た事がありません。日本に興味を持ち、日本へは2回行った事がありますが、日本人の友達は無く、普段日本語を話す機会が無いとの事。

じゃあ家に来ればいいじゃない!日本語使えるし、日本の本は山ほどあるし、日本のテレビは見られるし、と言うのが話の発端です。彼は現在ロッテルダムの高校で、この9月から社会の先生をしています。3年前日本の映画を観てから日本が好きになり、大学で日本語を勉強し、卒論は徳川時代について書いたのだと言っていました。

家に来ると日本の匂いが盛りだくさん、知的好奇心で目が輝き、日本語衛星放送や、日本の本や新聞を食い入るように見ていました。子供達も彼に丁度良い本を色々見繕っていましたが、結局は小学校3年生の漢字ドリルが自分のレベルだと知ると、少しガッカリした顔をしていました。まあ気にすんな!僕も同じような経験何度もしてっから(汗)

夕食は散らし寿司や刺身、おでん等をとても喜んで食べてくれました。彼は自分で味噌汁を作ったり、普段は箸で食事をしたりしているそうです。彼は 『です・ます』 調の正しい日本語を習っているので、私も気を付けて日本語を話さないと、理解されなかったりしてもう大変です。不明な点は辞書で調べたり、英語で補ったり、娘に登場してもらったり。

我々は彼からオランダ語を習いましたが、彼曰く日本語もそんなに難しくないし、オランダ語もどこが難しいのか?と嫌味無く話していました。いやー、出来が違うんだよ、勉強する努力が足りないんですよね。我々は… ちなみに彼は5ヶ国語を話すそうです。

不自由な環境の中で、一生懸命日本について勉強している人を知り、娘と2人で刺激を受けるとともに、彼の日本への勉強の助けになればと思います。彼からは 『おばあちゃんのアップルパイ』 を焼いてきてもらったので、お礼に日本の歴史の本等をお土産に渡すと喜んでくれました。今度は彼が、彼女と一緒にロッテルダムを案内してくれるそうです。
e0107616_2133480.jpg

by samu222_arphard | 2008-10-30 05:40 | オランダの人

英語の授業+アルファ 2008.10.24

基本的には週に1度の英語の授業を続けて1年半位になりますが、ある程度のところまで行った後伸びが止まっている気がします。トホホホ。まあ、そうは言うものの継続は力なりで、コツコツとは続けていきますが、今日はそのプラスアルファのお話です。

英語の授業は先生のお宅で個人的に受けるのですが、先生の24人の生徒の中で私が最年長なのは間違いないようです。その為か、話も良く合いレッスンが終わりに近づくと、先生のご主人が 『さあそろそろ終わろうよ!』 と呼びに来て、そこからまた小一時間、旅行の話や週末の出来事、日本やオランダについてなどの雑談が始ります。

ご主人はもうリタイアされていますが、オランダの海運会社に勤めていて、31歳で取締役になったスゴイ方で、最後は4000人の部下を持っていたそうです。今は優しいおじいちゃんですが、仕事の話となると顔つきが変わり、参考になる話を聞かせてくれます。

例えば、オランダ式の仕事のやり方や考え方、部下への仕事の与え方。どういう態度や言動がオランダ人にとって不満で、どういう組織運営をした方がいいか。ビジネスで失敗した話や成功した話。ビジネス上でのヨーロッパ各国人の気質等、こんな大切な話は会社の人は誰も教えてくれないので、とても参考になり興味深く聞く事ができます。

この時ばかりは、2人の話を先生は黙って聞いています。男同士の話に口を出さないのは万国共通か?日本にいた時は色々な先輩や上司がいて、酒を飲みながらこのような話を沢山聞かせてくれたり、話したりしたのですが、こちらでは中々こういう人が居ないので大切な存在です。本当は英語の授業よりも、この様な話をもっと聞きたいのですが・・・ 
by samu222_arphard | 2008-10-24 12:53 | オランダの人

アンチ・サッカーの人達 2008.06.19

Euro2008サッカーではオランダが見事に予選リーグを突破し、国全体が盛り上がっていますが、私の周りにはそうでない人も幾らかいるので紹介します。

 職場の隣の席のおじさんの場合
私 『サッカー見てる?』 おじさん 『えっ、サッカーだって?何がそんなに面白いんだ?サッカーはスポーツじゃない、あれは単なるビジネスじゃないか!選手は幾らのお金をもらってると思ってるんだ?もらい過ぎているとは思わないかい?それでいて今回の大会では我々の払った税金を使って高いホテルに何日も泊まっているんだぜ。そんな必要あると思うかい?そのくせ試合はというと、少しぶつかっただけで、わざと、わざと転んだりして、こんな風に(真似して見せる) あんなのはスポーツじゃない、22人で一つの球を寄ってたかって追いかけて、何がそんなに面白いんだ!ウチの娘はソフトボールをやっているが、わざと転んだりなんかしないぜ 、よっぽどソフトボールの方が面白い!(延々と悪口は続く…)』 私 『あっそう。じゃーその話を隣のカンティーンで盛上がっている連中の前で言ったら?ひんしゅく買うんじゃない?』 おじさん 『多分ね。だから言わない』 私 『おい!』

 英語の先生の場合
私 『多分好きじゃないと思うけどサッカー見てますか?昨日僕はスポーツカフェでサッカーを見たんですよ』 先生 『(悲しそうな顔して)貴方はサッカー見て面白いの?私はサッカーなんかより庭でワインを飲みながら本を読んでいる方が好きなの。ただオランダが得点を入れるたびに、外が騒がしくなるから、部屋に戻って本を読むの、迷惑だわ。確かにサッカーの選手はボールをトリッキーに扱って芸術的だと思うけど、私は新聞で結果を知ればそれでいいの。貴方スポーツカフェで見たって言うけど、フーリガンにでもなりたいの? 家にオレンジ色の飾りつけをするなんて、私はとても御免だわ、ハイソサイアティーの人はそんな事しないの。(延々と話は続く…)』 先生が言うと、ハイソが全く嫌味に聞こえませんが、ハイハイ判りましたよって言う感じです。僕はもちろんハイソじゃありませんが、昨日オレンジのTシャツをもらって喜んでいた何て事は、とても言えなくなりました。

とまあ、こんな感じでこちらは挨拶代わりに聞いただけなのですが、まあ話が長い事ったらありゃしない!こんなに話す事自体、みんな関心があるって事なんじゃない!
e0107616_1205760.jpg

by samu222_arphard | 2008-06-20 02:51 | オランダの人

英語の先生の話 2008.04.21

昨日は英語の授業で先生の家に行った所、玄関先に出てきた先生はビックリ。今日来るとは思わなかったという事で、どうやら連絡をミスったようです。授業の準備をしていないと、焦っていたので、「今日は中止、中止!(笑)雑談して帰るから』と言うと安心したよう。

そうすると突然、「チャイニーズ・キューカンバって何の事か知ってる?」「いや判んないけど… 何で?」と聞くと、新聞の切抜きを出してきて、通訳募集中の記事を見せてくれました。それを見て、どうも英蘭の通訳の勉強をしてみたくなったそうです。そのプロセスの中で、そのチャイニーズキューカンバが出てきて、パニックになっていたようです。

後で調べると、苦瓜、ゴーヤがそれに当たることが判りました。まあ、通訳の仕事でゴーやが出てくるかどうか判りませんが、何せ語学に関しては完ぺき主義者の先生、英語の授業でも自分が判らない英語の言葉が出てくると「カモン、カモン 何でこれが判らないの?」と一人でパニック状態に。何せオックスフォード出身の女史なもので…

それにしても50歳を半ばにして勉強心旺盛な先生、この間も日本の文化や言葉を英語で紹介する本を贈呈したら、次の週の授業には「コンニチハ」「ドウイタシマシテ」と語学の感覚は抜群です。私も先生を見習って、勉強に勤しまなければなりません。

まあそんな話や、日本出張の事、娘の学校の事、最近の出来事などを授業抜きで1時間ほど話しましたが、こうしてリラックスして話をすると、スラスラと英語が出てくるのを自分でも感じます。まあ授業では厳しい時もありますが、会社の人には聞けない事情なども何でも気軽に聞く事が出来るので、とても頼りにしています。

最近は日本の事にも興味が出てきた先生、オランダ語の新聞に出ている日本の記事を見せてこれって本当なの?どうしてなの?と追求されますが、時として困ってしまいます。その内容が「働きすぎによる過労死」や「ペットの犬に洋服を着せている日本人」の事など、どう説明してもヨーロッパの人達には、到底理解出来ないと思いますが…
by samu222_arphard | 2008-04-21 00:00 | オランダの人