日本からのお土産 2007.08.11

日本では記録的な暑さで体力を消耗しかけていましたが、一転オランダではとても涼しく、17℃位で夜は長袖、長ズボン、羽毛布団かけて寝ている状態です。夏だと言うのに調子が出ません。さて今度は日本帰国のお土産編です。日本から買って来た、又は頂いたお土産について書いてみます。

先ず、本は40冊ほど買いました。新潮文庫の100冊の内の厳選10冊、英語の勉強本沢山、地球の歩き方、東欧諸国、北欧、ギリシャ、スペイン等、行くかどうかは別にしてカミサンのリクエストで沢山、世界遺産関連、子供の参考書沢山、児童小説、ワインの教科書、英語の先生用日本食レシピを英語で説明している本等等です。

次は実家から頂いた日本の風邪薬、頭痛薬、湿布など沢山。日本にあってオランダに無い物は、日本の薬なのです。その他ベープマット(蚊の攻撃に家族は疲弊しています)、下着類は日本で買う物が良いです(Made in Chinaかも知れませんが…)

妹に買ってもらった、子供へのネットワークウォークマン、DSソフトの漢字検定、親に買ってもらった子供への書道の筆、リラックマのシャーペン、燻製、佃煮、ふりかけの類です(日本では当たり前でもオランダでは貴重品です)。カミサン用にハワイのTシャツ??、ローマの休日のDVD(理由は来月のブログ記事で)も買ってもらいました。

プリンターのインク沢山。同じHPのプリンタでも日本で売っているプリンターのインクはオランダでは手に入りませんでした。その他、パソコンソフト数本、パソコンの予備バッテリー等パソコン関連グッズは必須です。

英語の先生や、オランダ人向けに西陣織の財布、こけしのキーホルダー、浮世絵の絵が描いてあるボールペン沢山(日本人は絶対に買わないヤツ)。

自分用にはちゃっかりレイバンのサングラス(ヨーロッパでは鼻の低い日本人に合うサングラスは無かった)、旅行用のキャスター付バック等です。一番嬉しかったのが、吉田カバンのバックを仲間から頂いた事です。

また留守を守ってくれた家族には飛行機の免税販売で、Swatchの時計をそれぞれ買いました(意外とポイント高いかも)。

とまあ書き忘れた物もあると思いますが、ザットこんな感じです。結局飛行機で持ち込める個人のリミットを大きくオーバーしてしまい、船便で送ってもらう結果になりました。フリーの4日間の内、2日は買い物に費やしてしまいました。沢山お金を使わせてしまった皆さんには本当に申し訳なく思っています。

しかし最大のお土産は何と言っても、お金では買えない仕事の大きな成果?と、家族や会社仲間との思い出でした。これはズーット忘れる事は無いと思います。
by samu222_arphard | 2007-08-12 01:28 | オランダの生活
<< アントワープ (ベルギー) 2... オランダに帰って来ました 20... >>