デルフト 2010.03.02

オランダを去る日が近づいてきて、最後にまた訪れてみたかった場所の一つがデルフトです。ここはオランダに来た次の日に同僚に連れてきてもらい、『ヨーロッパの街は何と素晴らしいのだろう』 と初めて実感した街です。フェルメールやデルフト焼き等で有名です。
e0107616_703493.jpg

今日は一人で来たのでのんびり。天気が良いので新教会に上ってみる事にしました。高さ108m、379段の狭い階段をひたすら上ると、絶景も去ることながら足がすくむような狭いスペースに背の低い柵。日本では考えられない安全対策に驚いたものでした。
e0107616_705722.jpg

まだ上まで展望台が続きますが、おっかないので途中までにしておきました。上を見上げると青空と相まって大きな時計が綺麗ですが異様にデカイ。
e0107616_711219.jpg

カリヨンの音を聞きながら、上から見下ろすデルフトの街並みは綺麗で新鮮です。マルクト広場の市庁舎と旧教会が小さく見えます。家の屋根のオレンジ色が印象的。
e0107616_712622.jpg

一番上の展望台まで行かなかった事に少し後悔しながらも、いつものカフェでいつものビール。ここに座って広場や教会を眺めていると本当に心が落ち着きます。
e0107616_714444.jpg

たぶんデルフトを訪れるのは最後となるので、しっかりと街を見ておきました。
e0107616_715821.jpg

次にフェルメールの墓がある旧教会へと向かいました。
e0107616_721382.jpg

実は旧教会に入るのは今回が初めてです。入り口で受付のおじさんと雑談になり、月末に日本に帰ることを話すと、残念そうに『オランダは好きだったか?家族もか?』と言われ勿論だと答えると、親切にも教会の中を案内してくれました。
e0107616_722735.jpg

そしてこれがフェルメールの墓… では無くて彼を称える石碑だそうで、本当の墓は名も無い小さなものでした。彼の絵を求めて色々な場所に行きましたが、初めて原点の地を訪れて何かホッとしたような気持ちになりました。
e0107616_724949.jpg

今日は天気が良くて本当に爽やかな陽気です。デルフト焼きとフェルメールの街デルフトに、またいつか戻って来たいと思っています。
e0107616_731183.jpg

by samu222_arphard | 2010-03-18 05:20 | オランダの街
<< コビーさんヤンさんとの別れ 2... 本帰国のお知らせ 2010.0... >>