ヴェニス 街並み編 2010.02.26~28

グラシュカさんを空港に送り、その後日本からのお客さんと夕食を食べてと、忙しい日々が続きましたが、次の日の朝一番、2泊3日でヴェニスに行ってきました。

ヴェニスはイタリアの北東に位置し、アドリア海に面しています。中世にはヴェネツィア共和国の首都として盛えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などの別名をもっています。オランダからは飛行機で約1時間半ですが、待ち時間や空港からの移動も含めると5時間以上掛かりました。

ここはサン・マルコ小広場で左が鐘楼、奥がサンマルコ教会、右がカ・ドーロ宮殿です。
e0107616_18151139.jpg

2日目は抜けるような快晴で、コートが要らないような温かい陽気になりました。
e0107616_18152454.jpg

大潮、気圧の変化、そしてアドリア海を南から吹く風の3つの要因が重なると、高潮が起こり、ヴェニスの街中まで水が入り込み、特に一番低いサン・マルコ広場は水没します。その時、広場や道路には臨時の高床が組まれ、通行を確保しています。
e0107616_18155252.jpg

こういう稀な機会に遭遇できてラッキーですが、移動には不便です。地元の人やお巡りさんは長靴を履いていますが、簡易長靴も売っていましたよ。将来、ヴェニスは街全体が水没の危機にあるようで、現在沖に堤防を建設する計画があるようです。
e0107616_18161080.jpg

ヴェニスの街には車の乗り入れは禁止だし、自転車も見かけませんでした。交通の手段は船と徒歩のみです。これは有名なゴンドラですが、主に観光用です。
e0107616_18162657.jpg

街ではゴンドリエーリ達が客引きをしたり、バーで談笑したり正にヴェネチィアの顔。
e0107616_18163961.jpg

街中の移動にはヴァポットという水上バスを使います。1.5日間乗り降り自由のパスを買ったので、気軽に街を移動できます。その他タクシー、荷物を運ぶトラックもみんな船です。
e0107616_18165781.jpg

水上バスからの景色も最高です。今日は天気が良くて8℃暗いあるでしょうか。駅からサンマルコ広場までゆっくりと流れる大運河には12~17世紀の建物が立ち並んでいます。
e0107616_18171176.jpg

高さ約100mの鐘楼に登ってみました。ヴェネチィアの街とラグーナの眺望が素晴らしい。
e0107616_18172555.jpg

ドゥカーレ宮殿とサン・マルコ寺院側の眺望。
e0107616_18174116.jpg

ヴェネチィアの街は今まで訪れた事が無い、水に囲まれた特別な街です。期待以上に素晴らしい景観で、娘たちも感激して好きな街の一つにランクインしていました。
e0107616_18175510.jpg

もちろん夜も色々と動き回りました。この橋は大運河に掛かる橋の中でも一番大きいリアルト橋。みやげ物屋やレストランが多くある地区で、この橋からはゴンドラが行き交う姿を見る事が出来る絶好の写真スポット。街の治安は良さそうですが、夜に比較的早く店が閉まってしまうのが残念です。観光シーズンじゃないからかも知れません。
e0107616_1818974.jpg

次はヴェネチィアのお店や食べ物などを紹介します。
by samu222_arphard | 2010-03-08 14:02 | ヨーロッパの旅行
<< ヴェニス お店&レストラン編 ... グラシュカさん滞在記 2010... >>